動画編集フリーソフトの決定版 AviUtl〜AviUtlのインストールと使い方

Freesoft Title

Freesoft Zone

aviutl icon AViUtl

AviUtl 公式ページ

AviUtl ダウンロードページ

AviUtlはアマレココのAMV3コーデックで保存したファイルも編集可能で、市販の動画編集ソフト顔負けの機能を有している反面、インターフェイスがシンプルでビギナーには敷居が高いソフト。
コーデックやファイルフォーマットなどが分からなければ、機能拡張すら難しいため、ある程度の予備知識が必要。

動画の基礎知識はこちらを参照

square インストール

AviUtlはインストーラーがなく、ZIPファイルを解凍するだけで使用できる。
ただ、解凍しただけの状態では、読み込みできるフォーマットも限られており、その能力は全く発揮されないため、プラグイン(機能拡張)を個別にインストー ルする作業が必要になる。更に動画には多くのフォーマットが存在するため、そのフォーマットに対応したコーデックのインストールも不可欠。

aviutl1
ダウンロード&セットアップ

AviUtlのページの下に「Omake」があるので、そこから「aviutl_plus」をクリックすると、ZIPファイルがダウンロードされる。

ZIPファイルを選択し、右クリックメニューで「全て展開」。
「aviutl_plus_xxxxx」というフォルダが作成される。

AviUtlはインストール無しで起動するソフトのため、このフォルダをProgram Filesフォルダなど任意の場所へ移動させておく。
フォルダ名も分かりやすいようにAviUtlに変更。

aviutl2
MPEG2 VFAPI プラグインの導入

まるも製作所さんのサイトからMPEG2ファイルをAviUtlで認識できるプラグインを入手。

ダウンロードページ

m2v_vfp-0.6.57.lzh というLzhで圧縮されたファイルをダウンロードする。

aviutl4

ダウンロードしたファイルをLhazなどのソフトを使用して解凍する。

次にファイルの拡張子を変更する。

Windowsはデフォルト設定で拡張子が非表示になっているため、拡張子を表示させるよう設定する。

コントロールパネルから「フォルダオプション」を開き、「表示」タブを開く。その中に「登録されている拡張子は表示しない」にチェックが入っているのでチェックを外して「OK」をクリック。

aviutl3

解凍したm2v_vfp-0.6.57フォルダの中に左図赤枠の「m2v.vfp」というファイルがあるので、このファイルの拡張子を「vfp」から「aui」に変更する。

この作業はフォルダ内のreadmeにも記載がある。

変更の際に「拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります。」とメッセージがでるが続行する。

aviutl5

拡張子を変更して「m2v.aui」になったファイルのみを、AviUtlフォルダ内にある「Plugins」フォルダ内に移動させる。
これでMPEG2を認識するようになる。

解凍したM2v_vfpフォルダは必要ないので削除。
以後も同様で、AviUtlにプラグインを追加した後は、移動元のフォルダは削除して構わない。

aviutl6
画像サイズ変更プラグインの導入

同じくまるも製作所さんのサイトから画像サイズの変更を行うプラグインをダウンロードする。

ダウンロードページ

「Lanczos 3-lobed」というプラグインをダウンロード。
lanczos3-0.5.5a.lzhというファイルがダウンロードされるので、先程と同じ要領で解凍する。

aviutl7

解凍した「Lanczos3」のフォルダ内にある「lanczos3.auf」ファイルを、aviUtlフォルダ内の「Plugin」フォルダに移動する。

これで拡大縮小の機能が追加される。

aviutl12
コーデックパックCCCPのインストール

読み込みができるメディアファイルの種類を増やすため、CCCPというコーデックパックをインストールする。

CCCPのインストールはこちらを参照

aviutl15
DirectShow入力プラグインの導入

DirectShowの入力プラグインをインストールすることで、DirectShowで再生できるメディアファイルをAviUtlで読み込むことが可能になる。

AviUtl実験室さんのページでDirectShow File Readerプラグイン for AviUtlをダウンロードする。

ダウンロードページ

aviutl16

ダウンロードしたds_input026aというLzhファイルを解凍する。

解凍後のフォルダ内にある「ds_input.aui」ファイルを、AviUtlフォルダ内の「Plugin」フォルダに移動。

これでDirectShowで再生できるメディアファイルをAviUtlで取り込むことができるようになる。

aviutl8
FLV出力プラグインの導入

まるも製作所さんのページからFLV出力のプラグインをダウンロードする。

ダウンロードページ

aviutl9

まるも製作所さんのページに記載があるとおり、このプラグインにはOn2 VP6 VFW codecが必要なので、On2 VP6 VFW codecをダウンロードする。

しかしOn2 VP6 VFW codecのオフィシャルサイトは閉鎖されているため、FREE-CODECS.COMからダウンロードする。

ダウンロードページ

aviutl10

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、セキュリティ警告がでるので実行。セットアップウィザードが開始。

「NEXT」で使用許諾書になるので「YES」をクリック。次にインストール先の指定画面になるので、任意の場所を指定。デフォルトのままでもOK。

「NEXT」をクリックするとインストールが開始する。インストール終了後は「Finish」で完了。

aviutl11

次は先程まるも製作所さんのページからダウンロードしたLzhファイルを解凍する。
解凍したフォルダの中にある「flv.auo」というファイルを、AviUtlのフォルダ内のAviUtlと同じ場所かPluginsフォルダに移動。

左図はPluginsフォルダに移動した状態。これでFLVの出力も可能になる。

aviutl24
Windows Media Video 9 VCMのインストール

Windows Media Video 9 VCMはマイクロソフトが開発した評判の良いコーデック。

以前は日本MicrosoftのサイトからDLできていたが、現在は該当ページが削除されており、アメリカMicrosoftのサイトから入手しなければならない。

ダウンロードページ

「DOWNLOAD」をクリックするとページが切り替わりインストーラーがダウンロードされる。

aviutl25

ダウンロードしたインストーラーを起動させ、セキュリティ警告は「実行」。
左図のようにWMV9 VCMのコーデックをインストールするか訊いてくるので「はい」をクリック。
次に英文の使用許諾書が表示されるので「Yes」。
インストール先を指定して「OK」。
「WMV9 VCMフォルダを作成しますか?」と訊いてくるので「はい」。

これでセットアップは完了。

aviutl39

次にWindous Media Video9 VCMを日本語化するパッチを下記の日本語化工房のサイトからDLする。

日本語化パッチダウンロードページ

ダウンロード先のリンクはページ下の左図赤枠部分である。

「wmv9vcm_ja」というzipファイルがダウンロードされるので、右クリックメニューの「全て展開」で解凍する。

aviutl40

解凍したフォルダ内の「wmv9vcm_ja」というアプリケーションを「wmv9vcm.dll」があるフォルダに移動させ、同一フォルダ内で「wmv9vcm_ja」を起動させると日本語化が完了する。

WindowsXPの場合は(C:\Windows\System32)
Windows7 64bitの場合は(C:\Windows\SysWOW64)

wmv9vcm_jaが正常終了したらwmv9vcm_jaは必要ないため削除する。

aviutl26
DivXのインストール

次は高画質・高圧縮率を実現しているDivXコーデックのインストール。
DivXにサイトからインストーラーをダウロードする。

ダウンロードページ

aviutl27

ダウロードしたインストーラーを起動すると、セキュリティ警告がでるので「実行」。

言語選択はデフォルトで日本語になっているので「次へ」。
使用許諾書は「同意します」にチェックを入れて「了承する」。

次はインストールするコンポーネントの選択と、インストール場所の指定。
今回はDivXのコーデックのみをインストールするので左図のように「Codec Pack」のみにチェックを入れる。
DivXのプレーヤーなどもインストールしたければ、その項目にチェックを入れる。

また、インストール場所をデフォルトのCドライブから変更する場合は、左図下部赤枠の「インストールフォルダの変更」をクリックして指定。

各項目の設定できたら「次へ」。
ノートンセキュリティスキャンは不要なのでチェックを外して「次へ」。これでインストールが開始する。

インストール終了時にニュースレターの購読申込が表示されるので、必要ならアドレスを入力して「完了」をクリック。
ニュースレターが必要なければアドレス欄を空白のまま「完了」。

これでDivXコーデックのインストールが終了。

aviutl28
LAMEのインストール

MP3の定番コーデック「Lame」をインストールする。

ダウンロードページ

LameはMP3の最大ビットレート320Kbpsまで対応しているため、高品質な音声の出力が可能になる。

ダウンロードページの「Download Now」をクリックしてインストーラーをダウンロードする。

aviutl29

ダウンロードしたファイルを解凍。
解凍したフォルダの中にある「LameACM.inf」ファイルを選択。

aviutl30

「LameACM.inf」ファイルを選択した状態で右クリックメニューを表示させ、「インストール」を選択。

OSが32bitの場合はこれで完了。

64BitのOSを使用している場合は、これだけでは認識してくれないため、次の作業が必要。

aviutl31

スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力して「OK」をクリックし、レジストリエディタを起動させる。

※レジストリは不用意に変更・削除すると、OSが起動しなくなるなどの重大な事態に陥るので、編集作業には充分に注意する。

aviutl32

次の順で階層を降りていく。

HKEY_LOCAL_MACHINE

  SOFTWARE

    Wow6432Node

       Microsoft

         Windows NT

            CurrentVersion

                Drivers32

aviutl33

Drivers32フォルダの中にある「msacm.l3acm」のデータを書き換える。
「msacm.l3acm」をダブルクリック、または右クリックメニューで「修正」を選択。

aviutl34

値のデータがC:\Windows\SysWOW64\l3codeca.acm
になっているが、これを
C:\Windows\SysWOW64\lameACM.acm
に変更。
入力間違えがないように注意。

変更したらOKをクリックして、開いた階層を全て閉じる。

aviutl35

今度は先程と同じ要領で次の階層まで降りていく。

HKEY_LOCAL_MACHINE

   SOFTWARE

      Microsoft

        Windows NT

           CurrentVersion

              Drivers32

aviutl36

これも同じ要領でDrivers32フォルダの中にある「msacm.l3acm」のデータを
C:\Windows\System32\l3codeca.acmから
C:\Windows\System32\lameACM.acm
に変更。

変更が終了したらOKをクリックしてレジストリエディタを閉じる。

aviutl37

次にlameACMフォルダ内にある「LameAMC.inf」ファイルをCドライブ直下にあるWindowsフォルダ内の「infフォルダ」に移動させる。

既に同じファイルがあるというメッセージがでた場合は「上書きコピー」を選択。

aviutl38

最後に「lame_acm.xml」と「lameACM.acm」ファイルをWindowsフォルダ内のSyaWOW64フォルダに移動させる。

これでLameがAviUtlで認識されるようになる。


square 使用方法

動画は基本的に動画や画像素材にエフェクト(効果)を付けて作成していく。そのため動画や画像そのものを結合し、動画ファイルとして出力すること自体は大して難しくはない。
画質についても有料ソフトだから高画質というわけではなく、画質そのものは素材の解像度やアスペクト比、編集時の圧縮率などで左右される。

AviUtlを使用したオリジナルDVDの作成手順はこちらを参照






line