ハードウェアの情報を表示する定番アプリ CPU-Z HWMonitor〜CPU-Zの使い方

Freesoft Title


Freesoft Zone

cpuz CPU-Z

リニューアルした最新ページに移動します。

CPU-Z 公式ページ

CPU-Z ダウンロード

CPU-Zはパソコンのハードウェア情報を表示する定番ソフト。
プロセッサのステッピングやリビジョンの他、メモリのCASやRASの情報なども表示可能。ただし、デフォルトでは日本語には未対応。

メモリの増設など自作をはじめ、パソコンのハードウェア追加の際には必須。


square インストール

インストールに関してはWindows搭載マシンなら特に制限はない。
ただし、CPUを始めとするハードウェアは進化し続けているので、古いバージョンのCPU-Zを使用していると最新のCPUを正しく認識しない。
自作ユーザーでもない限り使用頻度は低いソフトだが、利用する際は最新バージョンへの更新を推奨。

cpuz1
ダウンロード

ダウンロードページの右側にある Download latest release で最上位にある最新版をクリック。
英語と中国バージョンがあるのでEnglishを選択。

cpuz2

ページが変わるので、「Download now!」をクリック。
CPU-Zのインストーラーがダウンロードされる。

cpuz3
セットアップ

セキュリティ警告がでるので実行。

セットアップウィザードが起動するので「NEXT」。
使用許諾書が表示されるので、"I accept the agreement"(契約書に同意)を選択して「NEXT」。

インストール先の選択。別ドライブにインストールする場合はここで指定する。

次はスタートメニューの表示。デフォルトのまま「NEXT」

次はデスクトップにショートカットを置くか選択。ショートカットを作る場合は"Create desktop icon"にチェックを入れて「NEXT」。

cpuz4

インストールの準備が完了。
インストール先とスタートメニューへの登録が表示される。
問題なければ「install」。修正したい場合は「Back」。

「install」をクリックするとインストールが完了し、
"Completing the CPUID CPU-Z Setup Wizard" と表示される。
「read meテキストを表示する」にチェックが入っているので、そのまま「Finish」をクリックすると、Read Me テキストが開いて
インストールは完了。


square 使用方法

もともと表示される情報が専門的なため、英語のままでも十分使用可能。使い方はCPU-Zを起動するだけ。起動したらPCの情報が取得されている。

cpuz5
CPU情報

【Processor】
Name:使用しているプロセッサの名称
Code Name:プロセッサ開発時のコードネーム
Package:対応しているソケット
Technology:プロセスルール
Core Voltage:コア電圧
Stepping:コアのマイナーバージョンアップのステッピングナンバー
Revision:プロセッサの改訂番号
Family:プロセッサの世代
Model:プロセッサの設計情報
Instructions:利用可能な拡張命令セット

【Clocks】
Core Speed:現在のCPUコアの動作周波数
Multiplier:CPUのコアを何倍速で動作させているか
Bus Speed:バススピード
HT Link:ハイパートランスポート(AMDのみ)

【Cache】
CPUの処理とハードディスクなど記憶装置との橋渡し的なメモリ
Cores:プロセッサのコア数
Thresds:同時に処理できるスレッド数

cpuz6
キャッシュの情報

Cacheとは高速化が進んでいるCPUなどの処理装置と、高速化のボトルネックと言われているハードディスクのギャップを埋めるためのメモリ。

L1(レベル1)キャッシュ・L2(レベル2)キャッシュ・L3(レベル3)キャッシュと、それぞれ搭載されているキャッシュが表示。

cpuz7
マザーボード・BIOS情報

【Motherboard】
Manufacture:マザーボードの製造メーカー
Model:マザーボードの品名とリビジョン
Chipset:採用しているチップセット
Southbridge:サウスブリッジの世代
LPCIO:ハードウェアのセンサーをモニタリングしているチップ

【BIOS】 Basic Input Output System
Brand:AwardやAMIなどBIOSのメーカー
Version:BIOSのバージョン
Date:おそらくBIOSの最終更新日

【Graphic Interface】
グラフィックのインターフェイス

cpuz8
メモリ情報

メモリの種類や容量以外は、メモリをオーバークロックしない限り、重要度は低い。

【General】全般情報
Type:メモリの種類
Channels:動作チャンネル
Size:メモリの容量
DC Mode:メモリアクセスの状態
NB Frequency:ノースブリッジの動作周波数

【Timing】メモりタイミング
DRAM Frequency:メモリの動作周波数
FSB:DRAM:???
CAS#Latency:CASレイテンシ
RAS# to CAS#Delay:RASが送信されてからCASが送信されるまでのクロック差
RAS#Precharge:RAS送信終了から次にRAS送信を開始できるようになるまでの時間
Cycle Time:RAS送信開始から送信終了までの時間
Bank Cycle Time:RAS送信から次のRAS送信までに必要な時間

cpuz9

SPDとはSerial Presence Detectの略。
これもメモリの情報で、各スロット毎にメモリ容量の他、メーカーや型番なども表示される。

左図では4つあるメモリスロットのうちSlot#1を選択している状態。

cpuz10
グラフィック情報

【Display Device Selection】
ディスプレイデバイスの選択

【GPU】 Graphics Processing Unit
Name:使用しているビデオチップの名前
Code Name:ビデオチップのコードネーム
Technology:プロセスルール

【Clocks】
Core:GPUコアの動作周波数
Memory:GPUに搭載されているメモリの動作周波数

【Memory】
Size:GPUに搭載されているメモリ容量

cpuz11
CPU-Z バージョン情報

このタブには各タブで表示されている情報をテキストやHTML(ハイパーテキスト)で保存するツールがある。

情報を保存する場合は、「Tools」の「Save Report」をクリックするだけ。

保存される情報は各タブで表示されている情報の他、CPUID(機械語)なども含まれているため、情報量が多く、一見すると不可解だが、注意深く読んでいくと必要な情報が記載されている。

hwmonitor HWMonitor

HWMonitor 公式ページ

HWMonitor ダウンロード

自作PCユーザーなら必ずチェックしているCPUやハードディスクの温度。
ケース内のエアフローが正常に働いているかの判断材料であり、CPUなどの状態をチェックする最も簡単な方法でもある。
HWMonitorはCPUなどの温度チェックができるCPU-Zの姉妹ソフトで、電圧やファンの回転数、GPUの温度も表示。
CPU-Zと同様で日本語未対応だが、使用には全く支障がない。

市販のPCはケース内部が負圧になっているため、吸気不足でケースの隙間から空気が流入しており、ケース内部にホコリが蓄 積する。特にCPUのヒートシンクにはホコリが積もりやすく、そのために冷却効果が著しく低下し、結果的にCPUが高熱になる。当然この状態が続くと CPUがオーバーヒートして自動制御で強制終了する。
意外と疎かにされがちだがハードウェアの温度はパソコンを正常に動作させる重要な要素なので時々はチェックした方が良い。

パソコンのメンテナンスはこちらを参照

square インストール

以前はインストール不要で使用できたが、現在のバージョンはインストールが必要。

HWM1
ダウンロード

ダウンロードページの右側にある Download latest release で最上位にある最新版をクリック。
英語と中国バージョンがあるのでEnglishを選択。

HWM2

ページが変わるので、「Download now!」をクリック。
HWMonitorのインストーラーがダウンロードされる。

後はCPU-Zとほぼ同じため省略。


square 使用方法

情報表示ソフトなので、使い方は起動するだけ。
リアルタイムで温度が変化するため、CPUへ負荷をかけながら、温度変化をチェックする。

CPUやハードディスクの温度は、当然のことながら外気温に左右されるため、外気温が異なると同じ環境でもCPUやHDDの温度は異なってくる。
温度の平均値はCPUによって異なるため一概には言えないが、25℃〜50℃程度が目安。ハードディスクは30℃前後。
高温状態での使用が続くと短命になるため、定期的に温度チェックをし、場合によってはメンテナンスやエアフローの見直しを行ったほうが良い。

使用環境によっては目を疑う数値が表示されることがある。
よく見かけるのがTemperaturesのAUXTINの温度が100度近くなっているケースで、その他にもCPUのCore温度が0度だったりするが、これらは全て誤検出だと思って差し支えない。
HWMonitorはBIOSで検出されている情報を表示するのだが、使用しているマザーボードやBIOSによって検出されている項目が異なるため、上手くリンクしていないととんでも無い数値になってしまう。
ただ、100%誤検出として片付けてしまうのも問題なので、妙な数値が出た場合はBIOSのハードウェア情報の項目で各温度の確認をした方が賢明。

HWM3
表示情報

【Voltage】
入力電圧や出力電圧を表示

【Temperatures】
おそらくマザーボードの温度

【Fans】
マザーボードのCPUファン・FAN1・FAN2・FAN3から電源供給を受けているファンの回転数を表示

【CPU】
CPUコアの温度を各コア毎に表示。

【GPU】
GPUコアの温度を表示

【HDD】
搭載しているハードディスクの温度を表示。
ただし、S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)機能がないHDDでは表示されない可能性がある。




line