シーケンシャルアクセスで詳細なハードディスクの解析を行う FromHDDtoSSD〜FromHDDtoSSDのインストールと使い方

Freesoft Title

Freesoft Zone

fromhddtossd FromHDDtoSSD

FromHDDtoSSD 公式ページ

FromHDDtoSSD ダウンロード

多 くのハードディスク診断ツールはS.M.R.A.T(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)という自己診断機能の情報を利用して状態を判断しているが、S.M.A.R.Tで得られる情報が完全というわけではない。
このFromHDDtoSSDは、S.M.A.R.Tの情報だけではなくシーケンシャルアクセス(データの先頭から順番に読み書きを行うアクセス方法)でハードディスクの完全スキャンを実施し、不良セクタやハードディスクの安定性を確認できる。

FromHDDtoSSDは実行結果により、ハードディスクの交換時期についてのアドバイスが表示されるため、定期的な実行を推奨。

パソコンのメンテナンスについてはこちらを参照

square インストール

使用環境はWindows2000以上。32bitでも64bitでも動作する。

fromhddtossd3
ダウンロード

FromHDDtoSSDのダウンロードページのほぼ半分ほどスクロールしたところに左図青枠部分のダウンロードリンクがある。

fromHDDtoSSD_icon

ダウンロードが完了すると左図のようなアイコンをしたインストーラーが出現するので、ダブルクリックで起動する。

fromhddtossd4
セットアップ

インストーラーが起動したら「続行」をクリック。

fromhddtossd5

インストール先を指定する。

通常はCドライブのProgramFilesフォルダがデフォルトだが、fromHDDtoSSDはデフォルトでCドライブ直下にフォルダを作成するようになっているため要注意。

インストール先を変更する場合は、インストールするフォルダのパスを直接入力するか、「参照」をクリックしてインストールするフォルダを指定する。

指定したら実行をクリック。

fromhddtossd6

左図のように確認のメッセージボックスが表示されるため、「はい」を選択してインストールする。

fromhddtossd7

これでセットアップが完了。

デスクトップにショートカットが作られるが、スタートメニューには登録されない。

このプログラムはダウンロードページに記載があるとおり、レジストリに書き込みしないのもメリットの一つである。


square 使用方法

FromHDDtoSSDのフリーエディションでは機能制限があるものの、基本的な部分は使用できるようになっている。
また、アプリケーション自体は非常に専門的でありながら、ハードディスクの構造など専門知識がなくても、ハードディスクの状態を把握できる親切設計になっている。

FromHDDtoSSDで「劣化」と診断され「ハードディスクの交換」を宣告された場合でも、すぐにハードディスクがクラッシュするとは限らず、予想に反して頑張っているドライブも存在する。
しかし、ドライブの安定性が損なわれ、クラッシュする可能性が高いと分かっていれば、そのドライブの使用方法も自ずと変わってくる。
FromHDDtoSSDを定期的に実行することで最悪の事態に予め備えることが可能になる。まさに備えあれば憂いなし。

fromhddtossd8
メイン画面

「完全スキャン」「詳細スキャン」 「ストレージ故障予測」と3つのメニューが存在するが、フリーエディションでは「完全スキャン」以外の機能に制限がかかっている。

「詳細スキャン」では「不良セクタシミュレーション」が使用可能で、「ストレージ故障予測」は「制限モード」で使うことができる。

fromhddtossd9

FromHDDtoSSDはアプリケーション起動時に接続されているストレージを認識し、左図赤部分のように情報が表示される。

始めに検査を実施するストレージにチェックを入れる。

fromhddtossd10
完全スキャン

ハードディスクの現状調査は「完全スキャン」を選択。

fromhddtossd14

この状態がしばらく続く。
スキャンの所要時間はハードディスクの容量に比例し、120GBで30分、2TBで4時間程かかるため実行する際は時間に余裕が必要。
左図赤線部分には推定残り時間が表示されている。

スキャンを途中で終了するには「強制終了」をクリックする。

fromhddtossd11

スキャンが終了すると「作業完了」という表記に変わる。

グラフは上下二段に別れており、グリーンの部分は不良セクタ(破損したセクタ)の調査結果を示している。
ドライブに不良セクタが存在しない場合はオールグリーンになるが、不良セクタは読込不能・書込不能・危険と各項目で色分けされる。

fromhddtossd16

※セクタ
ディスク形状の記憶媒体の物理的な最小単位。複数のセクタをまとめたものがクラスタという単位になる。
不良セクタが発見された場合、OSはクラスタ単位で不良セクタへのアクセスを回避するようになる。

※代替処理(代替セクタ)
通 常の動作で読込不能セクタが発生した際、ハードディスク内では、そのセクタのデータを読み込む努力が行われ、データの読込に成功した場合、そのセクタは 「保留セクタ」とマークされる一方で、読み込んだデータは「代替え領域」へミラー(コピー)される。そして再度、保留セクタにアクセスした際に通常通り読 込に成功したら「保留セクタ」から「通常セクタ」に戻され、「代替セクタ」にミラーされたデータが削除される。また、再アクセス時の読込に失敗した場合 は、「保留セクタ」から「不良セクタ」になり、そのデータへのアクセスは代替セクタが受け持つことになる。
これらは通常の動作であり、不良セクタが発生したからといってハードディスクの故障というわけではないが、不良セクタの数はハードディスクの健康状態をはかる目安になる。

fromhddtossd17

左図は上段の不良セクタ診断はオールグリーンになっている。この状態ではS.M.A.R.Tがハードディスクに異常を感知することが出来ず、診断結果は「良好」になってしまうケースが多い。

しかし、下段のハードディスクの安定度を示すグラフは、ハードディスクに異常が発生する兆しがあることを示している。

FromHDDtoSSDの真骨頂は正に、このS.M.A.R.Tでは現れにくいハードディスクの安定度を調査し、劣化の進行を事前に知ることにある。
更に、CrystalDiskInfoなどS.M.A.R.T情報を元にしているアプリケーションでは検出できないRAIDを構成したハードディスクの診断も可能になっている。
※左図はRAID1+0(250GBx4台)で構成されたハードディスクのスキャン結果。

fromhddtossd18

「作業完了」をクリックすると、左図のようにレポートが表示される。
案の定、このハードディスクは経年劣化により、安定度が損なわれ始めているようで、保守交換を促すアドバイスが表示された。

fromhddtossd19

更に状態の悪いハードディスクに完全スキャンを実行すると、左図のように「注意判断」のレベルに達しているラインが複数存在する結果になった。

fromhddtossd21

上記のハードディスクはスキャンレポートで「壊れている」と判断されてしまったが、このハードディスクには不良セクタも代替処理保留中のセクタも存在せず、不良セクタ診断ではオールグリーンだった。

fromhddtossd20

当然、CrystalDiskInfoでは「正常」と判断される。

ただ、 FromHDDtoSSDで「交換が必要」と診断されてからも、このハードディスクは稼働しており、不具合は全く発生していない。

fromhddtossd12

「完全スキャン」の実行中に「詳細ビュー」に切り替えると、左図のような2Dグラフが表示される。

意味は全く分からないが、何となくそれっぽいところがGood。

fromhddtossd22
詳細スキャン

詳細スキャンは実行する前に設定が必要。
メニューバーの「詳細スキャン設定」をクリックすると、左図のような設定メニューが開く。

実行できるのは「学習スキャン」「不良セクタシミュレーション」「データ復旧:一般JPEG」「データ復旧:デジタルカメラJPEG」「データ復旧:オフィスファイル」の5つで、フリーエディションでは不良セクタレストレーション(修復)は使用できない。

fromhddtossd23
学習スキャン(高速リニアスキャン)

詳細スキャン設定で「学習スキャン」にチェックを入れて実行する。

学習スキャンは「完全スキャン」で実行されるハードディスクの動作安定度を、検査精度を若干落として、「完全スキャン」の10分の1の速さで診断する。

動作の安定度は突然訪れるハードディスクのクラッシュを事前に予知する指標のため、短時間で実行できる「学習スキャン」は非常に便利。

ただし、学習スキャンでは「完全スキャン」終了時に表示されるレポートがないため、動作安定度の判断は自分で行う必要がある。
学習スキャンの結果で、グラフが注意判断や危険判断に至っている場合や、グラフのブレが多い場合は、完全スキャンを実施した方が無難。

fromhddtossd24
不良セクタシミュレーション

詳細スキャン設定で「不良セクタシミュレーション」にチェックを入れて実行する。

不良セクタシミュレーションは現在のハードディスクの使用環境で3ヶ月後の状態をシミュレーションする。
左図のように、上段が現在、下段が3ヶ月〜半年後のハードディスクの状態を示している。

シミュレーションは「完全スキャン」以上に時間を要するため、不良セクタや代替処理保留中のセクタ状況をCrystalDiskInfoなどS.M.A.R.Tを元にしたアプリケーションで確認し、増加傾向にあると判断した場合にシミュレーションを実行すると効率がよい。

fromhddtossd25
データ復旧

詳細スキャン設定で「データ復旧」の任意の項目にチェックを入れて実行する。

フリーエディションでは「一般JPEG」「デジタルカメラJPEG」「オフィスファイル」の3項目が選択可能。

HDDだけでなくSDカードなどのメディアでも、フォーマットなどでデータが消失した場合、上書きしない限りデータの復元が可能である。もちろん、完全に復旧(リストア)するわけではなく、復旧する確立は消失データの状態による。

「一般JPEG」「オフィスファイル」はテストしていないが、「デジタルカメラJPEG」のリストアは見事に成功した。

フォーマット状態からのリストアは、magicを見ているようである。


フォーマット状態からのリストアは、magicを見ているようである。

fromhddtossd26
ストレージ故障予測

FronHDDtoSSDの中で唯一の常駐型プログラムで、起動すると左図のように接続されているドライブの温度をビジュアルで表示する。

青が低温、緑が適温、赤が高温というように温度によって色が変化する。
温度計が「赤」になるようであれば、ハードディスクの冷却を見直す必要がある。

接続されている各ドライブにマウスオーバーすることで、左図赤枠部分にS.M.A.R.Tの情報が表示される。

fromhddtossd27

下部にある「モード切替」をクリックすると、左図のように「故障予測スキャンモニタ」の画面になるが、フリーエディションではグラフのデータ算出が無効になっているため、このメニューは使用しない。

fromhddtossd28

再度、「モード切替」をクリックすると、左図のように「S.M.A.R.T情報モニタ」に切り替わる。

ここは文字通りS.M.A.R.T情報が表示されている。

fromhddtossd29

上記の「S.M.A.R.T情報モニタ」の各項目をダブルクリックすると、左図のように項目毎に現状が表示される。

また、左図赤枠部分で項目の切替が可能。

fromhddtossd30

「故障予測スキャンモニタ」または「S.M.A.R.T情報モニタ」では下部に「詳細ビュー」のメニューが選択可能になり、「詳細ビュー」をクリックすると、左図のようにS.M.A.R.T情報が表示される。

更に表示されているS.M.A.R.T情報の各項目をダブルクリックすると、上図の同様の各項目毎の現状がグラフで表示される。




line