高機能フォトレタッチフリーソフト GIMP〜GIMPのインストールと使い方

Freesoft Title


Freesoft

gimp Gimp

GIMP 公式ページ

GIMP ダウンロードページ

Adobe Photoshopに比肩する非常に優れたフォトレタッチソフト。
Photoshop同様に機能が豊富なため、手軽さはないものの、完成度が高く使い勝手が良い。

インストールされているフォントが多ければ、初回起動時やフォント追加時に、フリーズしていると思うほど起動が重くなる傾向がある。
ただ、一度読み込まれたフォントは、ギンプがリストとして保持するようなので、フォントに変更が無い限り2度目からの起動は速くなる。


square インストール

現行バージョンの対応OSはWindows XP以降。

gimp9
ダウンロード

GIMPのダウンロードはオフィシャルサイトのトップページリンクがあるので、それをクリック。

gimp10

ページが変わり、GIMP for Windowsのところに最新版GIMPのダウンロードリンクがある。

「Downlord GIMP」をクリックするとページが切り替わり、ダウンロードが開始。

gimp11
セットアップ

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、セキュリティ警告が出るので実行。

GIMPのセットアップウイザードが開始。

Nextをクリックすると、使用許諾書が表示されるので、Next。

gimp12

デフォルトのままインストールする場合は「Install now」をクリック。この場合、インストール先はCドライブで、GIMPに関連づけられるファイルもデフォルトのままになる。

インストール先や関連づけられるファイルの種類を確認、または変更する場合は「Customize」を選択する。

gimp13

カスタマイズを選択したら、インストール先の指定画面、インストールするコンポーネントの選択画面に続き、左図のようなGIMPに関連づけするファイルの選択画面になる。

関連付けとは、その種類(拡張子)のファイルをGIMPで開くと言うことで、関連づけられたファイルは全てGIMPのアイコンになる。

例えば、Adobe PhotoshopのpsdファイルをGIMPに関連づければ、GIMPインストール後はファイルアイコンがGIMPのものに変わり、ファイルをクリックするとPhotoshopではなくGIMPでpsdファイルが開くようになる。

gimp14

ファイルの関連づけが終了したら、スタートメニューの登録、更にデスクトップとクイックタスクにそれぞれショートカットアイコンを作成するか選択する。

以上でインストールの準備が完了。
選択した項目を確認して「Install」をクリック。

※デフォルトでインストールするとこれらの操作はない。

gimp15

インストールの進行状況が表示され、インストールが終了すると、「Completing the GIMP〜」という画面が出るので「Finish」で完了。


square 使用方法

基本操作はPhotoShopと同様、ツールボックスを使用。その他のインターフェイスもPhotoShopに似ているので、PhotoShopの使用経験があれば抵抗はない。
ただ、フォトレタッチを初めて使用する際は、レイヤーの使用方法も含め慣れが必要。特にツールボックス内の各ツールの動きを把握しなければ、非常に効率が悪くなる。

gimp3
ツールボックス

ツールボックスは左上から横へ

・矩形(くけい)選択ツール ・楕円選択ツール
・自由選択ツール(投げ縄選択ツール)
・ファジー選択 ・色域を選択
・電脳はさみ ・前景抽出選択
・パス ・スポイト ・ズーム ・定規 ・移動 ・整列
・切り抜き ・回転 ・拡大縮小 ・剪断変形 ・遠近法
・文字入力 ・塗りつぶし・ブレンド ・鉛筆で描画
・ブラシで描画 ・消しゴム ・エアーブラシ ・インクで描画
・スタンプ ・修復ブラシ ・遠近スタンプで描画
・ぼかし/シャープ ・にじみ ・暗室

ツールボックスの各アイコンにカーソルを当てると、そのアイコンの簡単な説明が表示される。

gimp2
gimp21 G拡大縮小 その1

左図は単位をピクセルにしてあるが、単位は選択可能で比率(%)でも指定可能。また縦・横の比率を固定する場合は、数値を入力する前に赤枠部分をクリックしてチェーンが繋がった状態にすると、縦横の比率を固定して拡大縮小ができる。

gimp4
gimp21 拡大縮小 その2

数値ではなく直接画像を操作して任意のサイズに拡大縮小も可能。

拡大縮小アイコンをクリックし、解像度を指定するウインドウが開いた状態では、画像に左図のようなマークがついている。

縦のみ拡大縮小する場合は、上部中央または下部中央のマークを上下にドラッグ。

同様に横のみ拡大縮小する場合は右側中央または左側中央のマークを左右にドラッグする。

画像の四隅にあるマークをドラッグすると縦と横を同時に拡大縮小する。
この時、縦横の比率を固定する場合は、「Ctrl」キーを押しながらドラッグするか、解像度を指定するウインドウのチェーンマークをクリックして比率を固定する。

gimp1
画像解像度の変更

Photoshopには画像の拡大縮小とは別に「画像解像度」というコマンドがあり、この操作は画像の拡大縮小に合わせてキャンバスサイズも変更されるが、ギンプにはそのコマンドがない。

ギンプで同様の操作を行う場合は、上記の拡大縮小を実行した後、「画像」から「キャンパスをレイヤーに合わせる」を選択すると、キャンバスサイズが変更後の画像サイズに調整される。

gimp5
クリップボードのデータ貼り付け

Photoshopでは他の画像データなどをクリップボードにコピーした状態で「新規」を選択すると、クリップボードにコピーされた画像データのサイズで新しいキャンバスが作成されるが、ギンプで同様の操作をしてもキャンバスサイズは画像データのサイズにならない。

ギンプでは左図のように「ファイル」→「画像の生成」→「クリップボード」を選択することで、クリップボードにコピーされた画像サイズと同じキャンバスサイズでコピーされた画像を貼り付けできる。
ショートカットキーは「Ctrl」+「Shift」+「V」

gimp6
gimp20 範囲選択

矩形選択で選択したい範囲をドラッグして囲む。
選択範囲を正方形にしたい場合は、「Ctrl」キーを押したままドラッグ。
ギンプの優れている点は、範囲選択後に選択範囲の変更が可能なこと。

左図では選択範囲の右側に移動可能なマークが表示されている。この状態でマウスをドラッグすると、右側の選択ラインを左右に動かすことが可能。

また、範囲選択後に「Shift」キーを押すとカーソルに「+」マークがつき、選択範囲を追加することができまる。
逆に「Ctrl」キーを押すと「−」マークになり、選択範囲を削ることができるようになる。

選択範囲を移動したい場合は、カーソルを中央に持って行くと十字の矢印に変わるので、そのままドラッグすると選択範囲を移動可能。

左図は矩形選択を使用しているが、楕円選択も操作は同じ。楕円選択で「Ctrl」キーを押したままでドラッグすると円の選択範囲になる。

gimp7
gimp22 文字を入力する

アルファベットの「A」というアイコンをクリックすると文字入力の状態になる。

テキストエディタが開くので挿入する文字を入力。
LTRとRTLは文字方向。日本語やアルファベットは左から右のためデフォルトのLTRでOK。

ちなみにLTRはleft to Right。
RTLはアラビア文字など右から左の場合に使用する。
※日本語やアルファベットでRTLを選択しても右から左にはならない。

gimp8

フォントを変更する場合は、ツールボックスのフォント(左図の赤枠)をクリックするとフォント一覧が表示される。

テキストエディタで「アクティブなフォントで表示」にチェックを入れると、ツールボックスで選択したフォントで表示。

フォントの大きさや色の他、文字揃えなどもここで指定。
文字入力は新規レイヤーに追加され、テキストを追加する毎に新規レイヤーが作成される。

Photoshopでは文字列を自由変形ツールで拡大・縮小してもフォントとして認識し、後からの修正が可能だが、ギンプでは拡大縮小ツール使用すると、文字ではなく画像に変換され、文字列としての修正等ができなくなる。




line