圧縮・解凍の定番フリーソフト Lhaz〜Lhazの使い方

Freesoft Title

Freesoft Zone

Lhaz Lhaz

Lhaz 公式ページ

Lhaz ダウンロードページ

WindowsXPにZIPファイルの解凍機能が標準搭載されてからは、使用頻度が少なくなったものの必須のユーティリティソフト。
ZipやLzhを始め、rar・tar・gz・tgzなどの圧縮ファイルを解凍・圧縮できる。

square インストール

インストールはベクターのサイトからダウンロードしたLhazを起動させるだけ。
ただ、LhazはMicrosoft visual C++2008 SP1が必要なので、自分の環境に入っていなければインストールが必要。

lhaz1
ダウンロード

ベクターから本体をダウンロード。

lhaz3
セットアップ

ダウンロードしたインストーラーを起動し、解凍先フォルダ(インストール先)のフォルダを指定。

ここで【「送る」に登録する】にチェックを入れる。

解凍だけでなく圧縮も右クリックメニューに登録したい場合は、「コンテキストメニューに「Lhazで圧縮」を追加」にチェックを入れる。

「OK」をクリックするとインストール終了。

※この設定はインストール後も可能。
「Lhza」を起動後、ツールバーの「ツール」→「オプション」→「関連付け」で設定。

lhaz6

前 述のとおりLazは「Microsoft visual C++2008 SP1」が必要なため、インストールされていなかったら、下記ダウンロードページにある「ダウンロード」をクリックし、インストーラーをダウンロードし、 はインストーラーを起動させてセットアップを実行。

ダウンロード先→

「Microsoft visual C++2008 SP1」がインストールされているか確認するには、コントロールパネルからプログラムの追加と削除(プログラムと機能)を開く。


square 使用方法

対象のファイルやフォルダを選択して、右クリックメニューの「送る」からLhazを選択するだけ。

lhaz4
基本操作

zipやlzhなどの圧縮ファイル、または圧縮したいフォルダやファイルを選択し、右クリックメニューを出し、「送る」の中にあるLhazを選択。

lhaz5

Lhazを選択すると、左図のように解凍先(圧縮先)を選択するメニューがでるので、いずれかを選択。
「解凍フォルダを指定」を選択すると、解凍先を指定するウインドウが開く。

lhaz7

圧縮する場合も解凍と操作は同様だが、圧縮するフォーマットを変更することが可能。

デフォルトは「LZH圧縮」になっているので、変更する場合はリストから圧縮するフォーマットを選択する。




line