フリーのオフィスソフト リブレオフィス LibreOfficeのインストール方法と使い方

Freesoft Title

Freesoft Zone

Libre Office Libre Office

LibreOffice 公式ページ

LibreOffice ダウンロードページ

LibreOfficeはOpenOffice.org(OOo)から派生したオフィス統合ソフト。
OOoよりも動作が軽快でMS Officeとの互換性も良いだけでなく、統合ソフトとしてMS Officeに引けをとらない完成度を誇っている。

これまでOOoはSun Microsystemsのサポートを受けて開発されてきたが、Sun MicrosystemsがOracleに買収されたことで、OOoの開発環境が変化し、多くの開発者がOOoのコミュニティを離脱。より自由な開発環境を求め、The Documents Foundation(TDF)を設立。
LibreOfficeはそのTDFが開発しているオープンソースのオフィス統合ソフトで、国際標準化機構(ISO)にて認定されたODF(Open Document Format for Office Applications)という、マイクロソフトなど特定の企業に依存しないオープンフォーマット(ファイル形式)を使用している。

使 い勝手はMS OfficeとOOoの中間に位置した感じで、OOoはMS Officeから転向する場合に大きな違和感があったが、LibreOfficeにはOOoほど違和感が無い。また、LibreOfficeにはOOoに あった「もっさり感」がなく、起動も速く動作が軽快なため、使用していてもレスポンスの悪さにストレスを感じることが少ない。

square インストール

OSはWindows2000(SP4)以降でWindows7にも対応。
推奨環境はCPUがPentiumVまたはAthlon以上 メインメモリは512MB ハードディスクは空き容量1.5GB以上になっている。
また、Javaがインストールされていない環境では別途でJavaのインストールが必要。

Libre1
ダウンロード

ダウンロードページにある左図赤枠部分が「Windows」「Ja-日本語」になっていることを確認し、左図青線部分の”LibOxxx Win x86 install multi.exe"をクリックしてインストーラーをダウンロードする。

ダウンロードサイズが大きいため、FDMを使用すると時間を短縮できる。

Libre3
セットアップ

ダウンロードしたインストーラーを起動するとセキュリティ警告のダイアログがでるので、実行をクリック。

インストーラーの展開が開始するため「次へ」をクリック。

Libre4

展開するファイルの出力先を指定して、圧縮されているインストーラーを「展開」。
デフォルトの展開先はデスクトップになっている。

Libre5

インストーラーの展開が終了すると、そのままインストールウィザードが起動。

起動直後は「必要な領域を計算中〜」のような表示があり、「次へ」がグレーアウトになっているが、準備が完了すると右のように「次へ」が選択可能になる。

Libre6

ユーザー情報を入力し、インストールするLibre Officeの使用制限を設定する。

デフォルトは全てのユーザーに対して使用可能な状態。

Libre7

セットアップの種類を選択。

「通常」は最も一般的な設定でインストールされ、インストール先はCドライブのProgram Filesフォルダになる。
特にインストール先の変更やインストールするコンポーネントを変更しない場合は、「通常」を選択して「次へ」で確認画面になるため、後は「インストール」をクリックするだけでOK。

インストール先の指定やコンポーネントを選択したい場合は「カスタム」を選択して「次へ」。

Libre8

カスタムを選択すると、左図のようにコンポーネントの選択とインストール先の変更が可能になる。

インストール先を変更する場合は左図赤枠部分をクリックし、インストール先を指定する。

コンポーネントはLibre Officeに含まれる各アプリケーションの選択と、インストールされる機能拡張、追加言語などが指定できる。

Libre9

Libre OfficeをインストールするPCに、MS Officeなど他のOfficeがインストールされていなければ、全てチェックを入れておく。

画面にも表示があるように、チェックを入れることでLibre OfficeでExcel・Word・PowerPointの各ファイルが開くようになる。ただし、互換性はあるとは言え、体裁や余白のマージン設定など は崩れることが多く、MS Officeがインストールされている場合は、チェックを外しておいた方が無難。

Libre10

デスクトップにショートカットを作成する場合はチェックを入れた状態で、作成しない場合はチェックを外して、「インストール」をクリックすると、Libre Officeのインストールが開始する。

インストールが完了したら、デスクトップに展開したインストーラーを含んだフォルダは削除してOK。

Javaがインストールされていない環境では、Libre Officeを起動するとJavaのインストールを促すメッセージボックスが出る。

Javaのインストールは こちら
「無料のJavaをインストールする」をクリックすると、オンラインでJavaのインストールが開始する。


square 使用方法

図 形やフォントスタイルなどはWriterだけでなく、表計算アプリCalcやプレゼンテーションアプリImpressなど、他のLibre Officeでも設定方法は同じ。また、「ツール」から「オプション」を選択すると、Libre Officeの全アプリケーションの基本設定が可能になっている。

ビジネスシーンでは定番として使用されているExcel・Word・PowerpointなどのMS Office系のファイルについては、Libre Officeに互換性があるため編集可能だが、行間やマージンなどが完全に反映されないため体裁が一部崩れる。

JA福岡市が職員向けに作成したLiberoOfficeのマニュアルを公開しており、WordやExcelを開いた際の体裁設定が書かれてあり非常に実用的。
JA福岡市のマニュアルはこちら

Libre11
スタートリンク

Libre Officeのスタートリンクを起動すると左図のようなメニュー画面になる。

Wordに相当する文書ソフト「Writer」
Excelに相当する表計算ソフト「Calc」
Powerpointに相当するプレゼンテーションソフト「Impress」

その他にデータベースソフト「Base」、図形ソフト「Draw」、数式入力補助ソフト「Math」がある。

それぞれ使用するアイコンをクリックすれば、アプリケーションが起動する。
スタートリンクからではなく、「すべてのプログラム」→「Libre Office」から直接起動することも可能。

Libre18

Libre13

フォントの設定

文章の表現力に大きな影響を及ぼすフォント。
明朝とゴシックを上手く使い分け、フォントサイズを調整すると見易く表現力のある文書を作成することができる。

フォントを変更するには左図赤枠部分をクリックすると、インストールされているフォントが表示される。
フォントサイズは同様に青枠部分をクリックして選択する。

フォントサイズはデフォルトで10.5ptで、これは一太郎のデフォルトサイズと同じ設定。一般的な文章では小さすぎず読みやすいサイズ。

Libre12
文字色と背景色

文字色の変更や背景色は左図赤枠部分で設定するか、右クリックメニューから「文字」を選択する。

背景色は1行全体の背景に色が付き、設定した状態で改行すると、そのまま設定が継続されるため、1行のみ背景色を入れたい場合は、改行時に背景色を「塗りつぶしなし」にする。

Libre14
インデント・番号付け・箇条書き

インデント(字下げ)設定は左図赤枠部分の▲マークのついたアイコンをクリックして設定できる。右向きの▲でインデントが増加、左向きの▲でインデントが減少する。

番号付けは、改行時に自動的に連番が付けられる機能で、ファンクションキー「F12」でON/OFFが切り替わる。

箇条書きも番号付けと同様の機能で、文章の先頭部分に「●」や「◆」などのマークを自動的に挿入する。
この機能もファンクションキー「F12」でON/OFFが切り替わる。

Libre16
文字の整列

文字を整列させるには、左図赤枠部分の「中央揃え」「左揃え」「右揃え」「両端揃え」をクリックして体裁を整える。

「中央揃え」は左図のように文字がページの中央に、「左揃え」「右揃え」もそれぞれの位置に文字が揃う。

一般的に横書きの文章は「左揃え」が標準で、「中央揃え」「右揃え」はケースに応じて体裁を整える場合に使用する。

Libre17

「両端揃え」は「左揃え」との違いが分かりにくいが、半角と全角が入り交じった文章では、左図赤枠部分のように両端揃えは文字が右端でも揃っており、左揃えでは揃っていない。

左図青線部分を比較すると、両端揃えは右端を合わせるため字間が広がっており、左揃えは字間の調整がない。

Libre20
罫線・図形の描画

罫線や図形を描画する場合は左図赤枠部分のアイコンをクリックすると、ウインドウの下部に図形のツールバーが表示される。

Libre23

Libre19

選択ツール・線の描画・四角形・楕円形・フリーハンドの線・テキスト・吹き出し・シェイプ・矢印・フローチャート・吹き出し・星・制御点・フォントワークギャラリー・浮きだし など多彩なツールが用意されている。
これらのツールを効果的に使用することで、より見やすく訴求力のある文書が作成できる。

完全な円や正方形は「Ctrl」を押しながら、星など他の特殊な図形は「Shift」を押しながら描くと、縦横比が固定されて描画される。

Libre21

基本シェイプや記号シェイプ、フローチャートなどは左図赤枠部分の▲をクリックすると図形一覧が表示されるので、使用する形状を選択する。

Libre22

描画した図形を選択すると、ウインドウの上部に左図のようなツールバーが表示される。

左図青枠部分は図形の輪郭を描く「線の種類」と「線の太さ」を設定。
赤枠部分は「色(単色)・グラデーション・ハッチング」など塗りのパターンと色を設定する。

Libre25

Libre26

基本シェイプから星までの立体アイコンで表示されている図形は3Dが可能。

Libre24
これらの図形を描画すると平面で描かれるが、「浮きだしのON/OFF」が選択可能になる。
3Dにしたい図形を選択して「浮きだし」をONにすると、左図のような「3D設定」のツールバーが表示され、図形が立体に変形する。

左図の左側は「基本シェイプ」の一覧にある立方体で輪郭を透明にしたもの、右側は「基本シェイプ」の一覧にある四角形を3Dにしたも。

Libre27

3D設定には「傾き」「深み」「方向」「照明」「表面」「3Dカラー」がある。

「傾き」は左右上下に図形の傾き調整
「深み」は奥行きの長さ
「方向」は奥行きの向き
「照明」は光源の位置
「表面」は塗りの種類
「3Dカラー」は奥行き部分の塗り

上記設定のうち「表面」にはワイヤーフレーム・つや消し・プラスティック・メタルの4種類あるが、ワイヤーフレーム以外はほとんど変化はない。
また、スマイル記号は3Dにすると顔が消えてしまう。

Libre28

各図形はダブルクリックすることで、図形内にテキストが追加可能になる。
入力したテキストは文字揃えやフォントスタイルなども行える。

また、図形を選択後、右クリックメニューから「テキスト」を選択すると、左図の設定ウインドウが開く。

設定画面ではテキストの位置や境界との感覚など、より詳細な設定が可能。

Libre29

Libre30

図形を操作する場合は上図のツールバーを使用するか、左図のように右クリックメニューの「整列」を使用する。

上図は左端から「回転」「前景へ」「背景へ」「最前面に移動」「最背面に移動」「配置」だが、「前景へ」は使用できない。

これらの操作は複数の図形を重ねて表記する場合に使用する。
配置は複数の図形を右揃え、左揃え、中央揃えなどで整列させる。

Libre31
スタイルと書式

使用頻度の高いフォントスタイルなどを予め設定しておくと、作業効率が向上するだけでなく、同じスタイルで統一されるため、見栄えもよくなる。

「スタイルと書式設定」は「F11」で左図の設定ウインドウを呼び出せる。
メニューバーからは「書式」→「スタイルと書式設定」。

デフォルトの設定を変更する場合は、変更する項目を選択して右クリックメニューを出して「変更」を選択。

Libre32

設定画面では使用するフォント、フォントサイズ、フォントの装飾のほか、インデントや字間、行間など詳細な設定が可能になっている。

Libre33

設定したスタイルを反映させるには、スタイルを適用する文字を選択し、「スタイルと書式設定」からスタイルを選択する。

または、ツールバーにある書式設定のドロップダウンリストから選択する。

Libre34
Libre41
ページスタイル

文章の縦書き・横書きの設定やヘッダ・フッタ・行数や文字数などページスタイルを設定する場合は、「書式」→「ページスタイル」、または右クリックメニューで「ページ」を選択する。

左図はページスタイルの中でも使用頻度の高い「ページ」タブ。
用紙サイズ・用紙の向き・文字方向(縦書き・横書き)などを設定する。

Libre42

上図の「ページ」タブで「文字の方向」を「縦書き」を選択し、「行数と文字数」タブでグリッド線の項目を「行数と文字数を指定」にチェックを入れ、行数・文字数をそれぞれ20に指定すると、左図のように400字詰めの原稿用紙と同じ体裁になる。

Libre36
数式(Math)

通常では入力できない特殊な数式は、Libre Officeに備わっている数式アプリケーション Mathを使用する。

メニューバーの「挿入」→「オブジェクト」→「数式」で、数式アプリケーションMathが起動する。

Libre37

Mathが起動すると左図のようなウインドウが開く。

使用する数式を選択すると、Writerのウインドウ下部に下図のような文字列が表示される。

Libre38 

<?>の部分を任意の英数に置き換え、目的の数式を作成する。入力された数式はWriterへリアルタイムで反映されるため、どのような数式になっているか確認できる。

Libre35

作成した数式は文字列ではなくオブジェクトとして文書内に挿入される。

使用するケースは限定されるが、日常的に数式を入力する必要がある場合は非常に便利。

Libre39
PDFファイルへ出力

Libre OfficeにはデフォルトでPDFファイルへ変換する機能が付いている。

PDFファイルへの変換はメニューバーの「ファイル」から「PDFとしてエクスポート」を選択するか、ツールバーのLibre40アイコンをクリックして、名前を付けてファイルを保存するだけである。




line