コーデックチェッカー フリーソフト Media Info〜Media infoの使い方

Freesoft Title


Freesoft Zone

mediainfo Media  Info

リニューアルした最新ページに移動します。

Media Info 公式ページ

Media Info ダウンロードページ


Media Infoは動画や音声ファイルのコーデックの他、フレームレートやビットレート、ファイルの再生時間なども表示するソフト。
動画や音声ファイルを取り扱わなければ、使用頻度はほとんどないが、エンコードや動画編集の際には非常に便利。


square インストール

インストール自体は日本語対応だが、ファイルのダウンロード先が若干分かりづらい。また、インストールの途中でスポンサーアプリのインストールを促してくるので要注意。

mediainfo0
ダウンロード

使用しているOSに応じてGUI(グラフィックユーザーインターフェイス)をダウンロードする。

使用しているOSが不明ならコントロールパネルのシステムを開いて確認する。

mediainfo1
セットアップ

Media infoのアイコンが表示されてるインストーラーがダウンロードされるので起動。

セキュリティ警告が出るので実行。

言語選択で「Japanese」を選択して「OK」。

mediainfo2

セットアップウィザードが日本語表記になる。

使用許諾書を読んで「同意する」

mediainfo3

インストール先はデフォルトでCドライブのプログラムフォルダなので変更する場合は指定。

mediainfo4

次はUniblue RegistryBoosterというユーティリティソフトをインストールするか選択する画面になる。

Media Infoとは関係ないソフトなので「インストールしない」にチェックを入れて「インストール」。

インストール完了の画面が出るので「OK」。

mediainfo5
日本語化

Media Infoが英語で起動するため、「Language」のプルダウンメニューで「日本語」を選択して「OK」。

mediainfo6

日本語に変わるので「OK」。

mediainfo7

日本語表示のMedia Infoが起動。
これでインストール完了。


square 使用方法

対象のファイルを開くか、ドラッグアンドドロップするだけ。

mediainfo8
基本操作

情報を見たい動画ファイルまたは音声ファイルをMwdia Infoにドラッグ アンド ドロップする。

mediainfo9

左図の赤枠をクリックするとエクスプローラが開くので、そこから対象のファイルを選択して開くことも可能。


mediainfo10

対象ファイルを開くと、対象ファイル作成時のエンコーダーなどの情報が表示される。

コンテナと全般情報にはファイルの種類とサイズ、時間とビデオコーデック・オーディオコーデックが表示され、ビデオ1にはビットレート・解像度・フレームレート・コーデックなど、プライマリ音声は主音声のビットレート・チャンネル数・コーデックなどが表示される。

mediainfo11

左図はRoxio Easy VHS to DVDでVHSビデオを取り込んだMpegファイルの情報。

コーデックはMPEG Video Version2。
ビットレートは8000kbps。
フレームレートは29.9fps。ファイルの種類はMPEG-PS。
音声のビットレートは224kbps。

より詳細な情報を表示したい場合は、ツールバーの「表示」から「ツリー」を選択。「テキスト」でもよいが、「ツリー」の方が見易い。

mediainfo12

ビットレートモードはCBRなので、ビデオのビットレートは8000kbpsの固定ビットレート。
フォーマットはMpeg Video Version2、つまりMPEG-2。MPEG-1ならVersion1と表示される。

ビデオや音声などを含めたオーバルビットレートは8372kbps。

など、詳細な情報が表示される。

mediainfo13

情報を表示する対象が複数あり、フォルダに入っている場合は、左図のアイコンをクリックして、対象のフォルダを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップする。

mediainfo14

読み込んだフォルダ内のファイルは左図の赤枠部分をクリックするとドロップダウンして表示される。

ただ、この状態では非常に分かり難いため、ツールバーの「表示」から「シート」を選択。

mediainfo15

シート表示に切り替えると、上部にファイルの一覧が表示され、中段はファイル・ビデオ・音声と3つの情報が、下段には中段で選択しているカテゴリーの詳細情報が表示される。




line