シンプルな操作でPDFファイルの多様な分割と結合が行えるPDF Split and Merge〜PDF Split and Mergeの使い方

Freesoft Title



Freesoft Zone

pdfsplit PDF Split and Merge

PDF Split and Merge 公式ページ・ダウンロードページ

PDF Split and Mergeは直訳すると「PDF分割と結合」。そのネーミングが表しているとおり、非常にストレートなフリーソフト。
分割と結合に特化しているだけあって、有料ソフト顔負けの機能を有している。
操作の基本はドラッグアンドドロップで使い勝手が良く、動作も軽い。


square インストール

セットアップウィザードは日本語に対応。バージョン2.2.0ではアドウェアのインストールもないが、JVM(Java仮想マシン)1.6以降が必要。
PDF Split and Mergeをインストール後、「javaw.exeが見つかりません」というエラーメッセージが出て起動しない場合は、Javaがインストールが必要。
Javaのインストールページはこちら

pdfsplit1
ダウンロード

ダウンロードページにある左図赤枠部分をクリックしてインストーラーをダウンロードする。

pdfsplit2

ダウンロードしたインストーラーを起動。セキュリティ警告がでるので実行。
言語選択で「Japanese」を選択。

pdfsplit3
セットアップ

日本語のセットアップウイザードが開始。「次へ」。

pdfsplit4

使用許諾書の画面に変わるので、「同意する」をクリック。
ソフトウェアの使用環境を設定。
全てのアカウントでソフトを使用できるようにするには、「Anyone Who〜」を選択。
現在のアカウントのみで使用する場合は「Only For Me」を選択。

pdfsplit5

プログラムのインストール先を指定。
デフォルトはCドライブのProgramFilesフォルダ。

次はスタートメニューへのショートカット作成画面になるので、デフォルトで「次へ」。

pdfsplit6

インストールが完了したら、「次へ」をクリックしてセットアップウィザードを終了させる。


square 使用方法

PDF Split and Mergeの基本操作は分割・結合するファイルをPDF Split and Mergeに追加して、「分割・結合」したファイルを名前を付けて保存する。
結合・分割にはいくつかの方法があり、それぞれ特徴があるものの、最も使用頻度が高い結合は「マージ/抽出」、分割は「分割」と表示されているメニュー。

pdfsplit10
基本操作

PDF Split and Mergeを起動した画面。
中途半端に日本語化されていない部分があるのはご愛嬌。

pdfsplot8

PDF Split and Mergeへファイルを追加する際は、ドラッグアンドドロップでOK。
もちろん「追加」をクリックして分割結合するファイルを指定することも可能。


pdfsplit14

追加したPDFファイルにセキュリティーがかかっている場合は、左図のようにファイル名の前に「!」が付く。

パスワード設定されているファイルを編集する際は、左図赤枠の「パスワード」の部分にパスワードの入力が必要。

また、パスワード設定されているファイルの編集は「Visual Document composer」「Visual Reorder」では取り扱えない。

pdfsplit9

編集したファイルを保存する場合は、左図赤枠の「Browser」をクリックして保存場所を指定後、ファイル名を入力。
保存先を指定したら「Run」をクリックして操作完了。

「既存の場合上書きする」にチェックを入れると、同じ名称のファイルが存在する場合に上書きされ、チェックを外していると同名ファイルが存在する場合は、上書きするか確認メッセージが出る。

「Compress output File」にチェックを入れておくと、PDFファイルを出力する際にファイル圧縮すると思われるが、使用している環境ではサイズに変化はなかった。

pdfsplit7
Alternate Mix(オルタネイトミックス)

異なる2つのPDFファイルを交互に差し込みながら結合。

1番目のファイルが「1・2・3」、2番目のファイルが「A・B・C」で、MIX Optionでリバース指定をせず、どちらのファイルもページ番号「1」の設定で結合した場合、できあがった結合ファイルは「1・A・2・B・3・C」になる。

「Reverse First Document」にチェックを入れると、「3・A・2・B・1・C」という順で結合される。
「Reverse second Document」は同様に2番目のファイルの順番が逆さになる。

「Number of pages to switch from the first document to the other」の数値を「2」にすると、「1・2・A・3・B・C」というように挿入するページの指定が可能。
2番目にファイルを指定する場合は「Second document to the other」の数値を設定する。

ファイルの出力はbrowserで保存場所とファイル名を指定して「Run」をクリック。

pdfsplit11
rotate(ローテート)

このメニューはPDFファイルを全ページまたは奇数ページ・偶数ページのみ回転させるメニュー。
回転させたいファイルを追加して、「Rotation」の項目で詳細設定する。

Clockwise Rotationは回転させる角度の設定。
90・180・270の中から選択。

pagesは回転させるページの指定。
All・even・Oddの中から選択。
Allは全てのページ、Evenは偶数ページ、Oddは奇数ページを回転させる。

ファイルの出力はbrowserで保存場所とファイル名を指定して「Run」をクリック。

複数ページのファイルで1ページのみ回転させる場合は、このrotateではなく「Visual reoder」を使用する。

pdfsplit12
Visual document composer

ヴィジュアルドキュメントコンポーザーはPDF Split and Mergeで特に優れている機能である。
複数のPDFファイルを1ページずつ個別に追加し、一つのPDFファイルにまとめることが可能。
簡単な参考資料作成などには最適な機能であるが、パスワードによるセキュリティがかかっているファイルは編集できない。

始めに抽出したいPDFファイルを追加する。ファイルはタブ形式で追加され、タブ下のスペースにページのサ ムネイルが表示される。
次に抽出したいページを下の左図矢印のようにドラッグして追加。ページのトップに追加したい場合は、ページを選択後、左 図青枠の「Move on top」をクリックするとページトップに追加される。同様にラストページに追加する場合は「Move on bottom」をクリック。

追加したページは左図右側赤枠のメニューで操作する。
「上に移動」「下に移動」は選択したページを移動させる。上下となっているが、画面上では左上がトップになるため「上へ移動」をクリックすると左へ移動する。

ページを回転させる場合は「Rotate」を使用。ページの順序を入れ替える場合は、「Ctrl」キーを押しながら、入れ替えるページをクリックして選択後「Reverse」をクリック。

編集が終了したら、browserで保存場所とファイル名を指定して「Run」をクリック。

pdfsplit13
Visual reoder(ヴィジュアル リオーダー)

PDFファイルのページを個別で回転・移動させるメニュー。
※パスワードによるセキュリティがかかっているファイルは編集できない。

操作はVisual document composerと似ているが、こちらは複数のPDFを編集するのではなく、PDFファイルの体裁を整える場合に使用する。

ページの移動と回転、入れ替えが可能で、左図赤枠の「元フォルダと同じ」にチェックを入れると、体裁を整えたPDFファイルが上書き保存される。

pdfsplit15
マージ/抽出

最も使用頻度が高い基本機能。
結合したいファイルを追加し、右サイドのメニューでファイルの位置関係を設定する。
後は出力先とファイル名を指定して「Run」をクリックするだけで完了。

ファイルの一部分を結合する場合は、左図赤枠の「ページ選択」で指定する。
3ページあるファイルの1ページから2ページのみを抽出する際は「1-2」とハイフンで指定。

1ページと3ページを抽出する場合は「1,3」とカンマで区切って指定する。

pdfsplit16
分割

複数ページのPDFファイルを任意に分割するメニュー。
左図赤枠の分割オプションで分割の方法を設定する。

バースト:1ページ単位で分割。

各奇数ページが先頭:6ページのファイルの場合、1-2ページ、3-4ページ、5-6ページとそれぞれ奇数ページを先頭に3つへ分割される。

各偶数ページが先頭:上記と同様で偶数ページが先頭になる。この場合。最初のページのみ1ページで分割され、2-3ページ、4-5ページ、6ページと4つに分割される。

規定ページ後:指定したページまでを一つ、それ以後を1つのファイルとして2つに分割。6ページのファイルの場合、4と指定すれば1-4ページのファイルと5-6ページのファイルに分割される。

"n"ページ単位:指定したページ数で分割。3と指定すれば3ページずつに分割される。

このサイズで:ドロップダウンリストで500KB、1MB、3MB、5MB、10MBが選択可能で、指定したサイズの近似値で分割される。

pdfsplit17
セッティング

デフォルトのままでも特に問題は無いが、スキンの変更もできるようになっている。

スキンの変更は「外観」で指定。

完了時などに鳴る音が気になる場合は、「Play alert sound」のチェックを外す。

ファイルの出力先をデフォルトのMy Document(Document)から変更する場合は、デフォルトの作業ディレクトリで任意の場所を設定。

設定したら「保存」をクリックして完了。




line