常に最新ファイルへ同期される利便性の高いオンラインストレージDropbox〜Dropboxのインストールと使い方

Freesoft Title


Freesoft Zone

RichCopy RichCopy

リニューアルした最新ページに移動します。

RichCopy 公式ページ

RichCopy ダウンロードページ

RichCopyはマイクロソフト純正のフォルダ同期(バックアップ)ソフト。
リモートのファイルサーバ同士のフォルダ同期が本来のコンセプトで、当然ローカルフォルダの同期にも使用できる。

コピー元とコピー先のデータを比較して同期することが可能で、無駄な上書きが発生せず、効率的に更新されたファイルだけが同期される。
初めに設定しておけば、後はワンクリックでフォルダの同期が開始する。


square インストール

マイクロソフトの管理者向けWEB情報誌 TechNetマガジンにダウンロードURLの記載がある。
ダウンロードしたインストーラーを起動すると、ZIPファイルの解凍が始まり、RichCopyのインストーラーが入ったフォルダが展開。
セットアップは全て英語だが、インストール後は日本語表記になる。

richcopy0
ダウンロード

TechNetマガジンのRichCopyのページにある「コードのダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロード。

richcopy1

「HoffmanUtilitySpotlight2009_04.exe」という名称のインストーラーがダウンロードされるので起動。

左図のように使用許諾書がでるので「Yes」をクリック。

richcopy2

左図赤枠をクリックして、ZIPファイルの展開先を指定。
どこでも良いが、デスクトップなど分かりやすいところを指定する。

richcopy3

解凍が完了すると指定した保存先に「HoffmanUtilitySpotlight」というフォルダが作成される。

richcopy4
セットアップ

「HoffmanUtilitySpotlight」フォルダの中にあるインストーラー「Setup.exe」を起動。

richcopy5

RichCopyのセットアップウィザードが起動するので「NEXT」。

richcopy6

この画面も「NEXT」。

richcopy7

使用許諾書は「I Agree」にチェックを入れて「NEXT」。

richcopy8

インストール先を指定。
デフォルトのままならCドライブのProgram Filesなので、変更する場合は指定して「NEXT」。

インストールの準備完了になるので、そのまま「install」をクリック。

richcopy9

左図の画面が出ればインストール完了。
「Close」をクリックしてセットアップウィザードを閉じる。


square 使用方法

基本的な操作は「コピー元」と「コピー先」を設定して「コピーの開始」をクリックするだけ。
設定した条件はファイルとして保存可能で、異なった条件設定をした場合も、ファイルを呼び出してワンクリックで同期をとることができる。
また、RichCopyには「ベーシックモード」と「アドバンスモード」があり、アドバンスモードではより詳細な設定が可能になっている。

richcopy10
基本操作

RichCopyを起動したら、始めに同期をとるフォルダを指定し。
左図赤枠部分をクリックして「コピー元」と「コピー先」のフォルダを選択する。

Richcopy11

「コピー元」または「コピー先」をクリックすると、左図のようなツリー階層のウインドウが開くので、同期の対象フォルダにチェックを入れる。

richcopy12

次に同期の条件設定をする。
「オプション」をクリックすると、「ファイルコピー設定」の画面になるので、各項目をチェックして必要なら変更する。

Richcopy13

設定したコピーの条件をデフォルトとして保存する場合は、「デフォルト」をクリック。
デフォルトにすると、次回からRichcopyを起動した時点で、設定したコピー条件が読み込まれるようになる。

また、「新規」をクリックすると新たにデフォルトが作成されるため、条件の異なる設定をデフォルトとして登録することが可能。

Richcopy14

設定したコピー条件は、コピーオプションとして選択が可能になる。

richcopy15

更に細かな設定をしたい場合は、ベーシックモードからアドバンスモードに切り替える。

アドバンスモードはスレッド数やコピーの際の詳細条件などの設定が可能になる。

richcopy16

ベーシックモードでは「概要」のみだった項目が、アドバンスモードでは左図のように増え、各項目ごとに設定が可能になる。

richcopy

設定が終了したら、後は左図赤枠の開始ボタンをクリックするだけ。

設定は初めだけなので、次回からはRichcopyを起動して開始ボタンをクリックすると、設定条件に基づきファイルの同期が始まる。

richcopy18

設定したコピー条件をデフォルトではなく、別に保存したい場合は、左図赤枠部分か「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択すると、コピーオプションがファイルとして保存される。

保存したコピーオプションを呼び出す場合は、左図青枠をクリックして、保存されているファイルを指定する。

copy19
ネットワーク上のフォルダ同期

サーバとクライアントPCの他、複数のPCでネットワークを構築した環境でRichCopyを使用する場合、UNC(Universal Naming Convention)を入力し、RichCopyにネットワーク上のPCと対象フォルダを認識させる必要がある。

「コピー元」または「コピー先」のいずれかがネットワーク上にある場合、「コピー元」もしくは「コピー先」のいずれかをクリックし、左図のツリー階層の画面を開き、左図赤枠部分の「接続」をクリックする。

copy20

「接続」をクリックすると左図のように対象フォルダのパス入力を求められるため、UNCを入力して「OK」をクリックする。

copy21

UNCが分からない場合は、左図のように通常のウインドウでネットワーク上の対象フォルダを開くと、左図赤枠部分にそのフォルダのパスが表示される。

Windows7では左図のように一見すればパスの体裁をしていないが、アドレスバー(赤枠部分)の空白部分をクリックするとパスで表示される。また、XPの場合は初めからパスの体裁で表示されるので、いずれも表示されるパスをコピー(Ctrl + C)する。

copy22

上図で指定したのは、ネットワーク上にある「SST-SG06」というコンピュータ名のPCの「Picture」フォルダの中の「ツーリング」フォルダ。

RichCopyに戻り、アドレスバーに表示されたパスをペースト(Ctrl + V)して「OK」をクリックする。

copy23

UNCを入力すると、左図のようにツリー階層の画面で入力したフォルダが表示される。
ここでは対象フォルダにチェックが入っていないが、すでにパスを入力してあるため、そのまま「OK」をクリックする。

copy24

「コピー元」と「コピー先」を指定し、必要に応じて差分コピーなどのオプション設定をしたら、後は開始ボタンをクリックするだけ。

左図は「コピー元」にネットワーク上にあるフォルダを指定し、「コピー先」にデスクトップに作成した「TEST」フォルダを指定している。

copy25

開始ボタンをクリックすると、左図のようにコピーが開始する。






line