多彩なフォーマットに対応したマルチメディアプレーヤー〜SMPlayerの使い方

Freesoft Title

Freesoft Zone

smplayer SMPlayer

SMPlayer 公式ページ

SMPlayer ダウンロードページ

SMPlayerはオープンソースのマルチメディアプレーヤーMPlayerのフロントエンド。
通常のDVDやVCDが再生できるだけでなく、コーデックが内蔵されているため、FLVなどWindows Media Playerでは初期状態で再生できない動画ファイルも再生可能。さらに、ISOイメージファイルをVirtul CloneDriveなどでマウントしなくても直接再生できる。

square インストール

OSはWindows XP以降、Windows8まで対応。もちろん64BitもOK。

smplayer0
ダウンロード

ダウンロードページからインストーラーをダウンロード。
左図赤枠のどちらでも良い。

コメントにもあるように上のインストーラーはインストール時にMPlayer本体と最新のオプションをダウンロードし、下の方はMPlayer本体を含む基本構成のインストーラーをダウンロードする。

smplayer1

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、セキュリティ警告がでるので「実行」。

言語選択画面が表示されるが、日本語はないため「English」を選択。

smplayer6
セットアップ

セットアップウィザードが起動するので「NEXT」。
次に使用許諾書が表示されるので、「I accept〜」にチェックを入れて「Next」をクリック。

smplayer7

インストールするコンポーネントの選択。
デフォルトは「Typical」になっており、一般的な項目をインストールする。特にこだわりがなければデフォルトでOK。

「Compact」はMPlayer本体のみのインストール。

「Full」は全ての項目をインストール。リアルビデオのコーデックもインストールされる。また、このタイプを選択した際には、「最新のリアルビデオのコーデックをインストールします。」という内容のメッセージがでる。

「Custom」は選択項目を自由に選択できる。

インストールするタイプを選択したら「Next」。

smplayer8

インストール先の設定を行う。
デフォルトはCドライブのProgramFileフォルダ。変更する場合は指定する。

後は「Install」をクリックするだけでインストールが完了する。


square 使用方法

Windows7やVistaでAeroを有効にしている場合は、始めに設定を変更する必要があるものの、その他は特に難しい操作はない。

smplayer9
基本操作

SMPlayerは起動時にインストールされているフォントを読み込むため、フォントの数が膨大だと起動するまでに若干時間がかかる。

smplayer13
smplayer20 環境設定

特にVistaやWindows7を使用している場合は、調整しなければ画像が写らない等の現象が発生する。

環境設定のアイコンをクリックし、「ビデオ」タブを開く。
SMPlayerはデフォルトで出力ドライバーがDirectXになっているが、VistaやWindows7でAero機能を有効にしている場合、デフォルトのままだと互換性がないため画像が表示されない。

smplayer37

そのため、出力ドライバーをデフォルトのDirectXから、グラフィックカードの3Dアクセラレーションを使用するモード「g」または「gl2」に変更する。

次に「オーディオ」タブを開く。
出力ドライバーがデフォルトで「dsound」になっているが、再生して音ズレが生じるようなら「win32」に変更する。
特に音ズレを感じなければ変更の必要はない。

smplayer22
smplayer14 再生

イメージファイルやその他の動画ファイルを再生するときに使用する。
アイコンをクリックするとエクスプローラが立ち上がるので、対象のファイルを選択。

SMPlayerはドラッグ アンド ドロップにも対応しているので、ファイルをSMPlayerに重ねるだけでも再生する。

smplayer23
smplayer15 ディスク再生

ドライブに挿入されたDVDなどのディスクを再生。

smplayer11

ただ、記載があるようにSMPlayerはデフォルトで光学ドライブを認識していないため、初めて使用する際は、光学ドライブを指定する必要がある。

この指定は環境設定でも指定可能。

smplayer24
smplayer16 ストリーミングのURLを入力して再生

YouTubeやYahooVideoのURLを入れても再生はできない。
ネットラジオは再生できるようだが未確認。

smplayer26

smplayer28 コンパクトモード

ツールバーなどを非表示する。操作はマウスの右クリックメニューで可能。

smplayer28 フルスクリーンモード

文字通りフルスクリーンになる。フルスクリーンモードを解除したい場合は、画面をダブルクリックするか「Esc」キーで抜け出せる。音量などはカーソルを画面の下に持って行くと表示される。

smplayer29
smplayer30 スクリーンショット

クリックすると再生している動画のスクリーンショット(静止画)を取る。

画像フォーマットはPNG。デフォルトの設定ではスクリーンショットの保存先が分かり難いので、環境設定で任意の場所に変更しておいた方が良い。

smplayer31

環境設定の全般でスクリーンショットの設定箇所がある。

スクリーンショットを使用しない場合は、「スクリーンショットを有効にする」のチェックを外す。

保存先を変更する場合は、虫眼鏡のアイコンをクリックして任意の場所を指定する。

smplayer33
メディア・ファイルの情報を表示

使用しているコーデックなど結構詳細な情報が表示される。

smplayer25

再生がうまく行かないファイルの場合は、この情報表示で使用しているコーデックを確認。


smplayer12

「H.264」コーデックなら環境設定で調整が可能。

環境設定を開き、パフォーマンスで「H.264」のループフィルタの箇所を変更することで、改善される可能性がある。

smplayer35
smplayer36 プレイリストの設定

動画ファイルなどパソコン内に保存している場合は、プレイリストを作成しておくと便利。

smplayer34

プレイリストへの追加は「+」アイコンをクリックして対象のファイルを選択するだけ。

smplayer38
オーディオ・字幕

オーディオは主音声・副音声などの選択、字幕は表示する字幕の選択が可能。

洋画のDVDを再生した場合は、デフォルトで主音声、日本語字幕で再生される。字幕が不必要な場合は「なし」を選択。

smplayer40

環境設定の「ファイルの種類」ではSMPlayerに関連付けを行うことが可能。
ISOファイルやFLVファイルなどをSMPlayerに関連付けしていれば、ファイルをダブルクリックしてSMPlayerで開くことできる。

方法は関連付けしたいファイルにチェックを入れて「OK」を押すだけ。

他にもツールバーの「オーディオ」で遅延の「+−」があり、音ズレの補正が可能なほか、「字幕」でも遅延の補正が可能。で、「再生」では再生速度の細かな調整もできる。




line