様々なサービスを利用できるGoogleアカウント〜Googleアカウントの作成と管理

Freesoft Title


Freesoft Zone

google_logo Google アカウント

リニューアルした最新ページに移動します。

Google アカウント作成ページ

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、Picasa、YouTube、Google+、ChromeGoogle Drive、カレンダーなどの各サービスを利用する際に必要で、1つのアカウントで全てのサービスを利用できる。

Microsoftアカウントと比較すると、Googleはアカウントから取得した個人情報を収益化しており、この行為が度々非難されている。
Googleのプライバシーポリシーに関しては後述するが、Googleのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)であるGoogle+を始 め、各サービスの設定をしっかりと行えば、公開される個人情報はたかが知れている。無論、公開される情報はわずかでも、Googleには多くの個 人情報を提供することになる。


square アカウントの新規作成

アカウント作成はパソコンでもスマホでもタブレットでも可能で、Androidユーザーなら初期設定でアカウントを作成している。また、Googleアカウントはマルチアカウントに対応しているので、複数のアカウントを切り替えながら使用することができる。

google1
アカウントの作成

アカウントの基本情報を入力する。

名前」は基本的に本名を入力すべきところだが、ここで設定した名前はGmailやYouTube、Picasaなど、Googleが提供している全てのサービスで共通するので、その点を踏まえて作成する。

ユーザー名を選択」となっているが、この項目は新しいGmailのアドレスを作成するもので、新規作成する場合は希望のアカウントを入力する。
入力したすでに使用中の場合は、下記のようなメッセージが表示される。

google2

Gmailのアカウントを作成せず、既存のメールアカウントを使用する場合は、左図赤枠部分の「現在のメールアドレスを使用する」をクリックし、使用するメールアドレスを入力する。

生年月日」は必須項目なのだが、この生年月日はGoogle側で年齢の確認にしようされ、未成年の場合はアクセス制限や使用制限がかかる。

性別」も必須項目。性別が必要な理由は後述するが、Googleの情報利用に関係してくる。

「携帯電話」と「現在のメールアドレス」は任意入力で、「作成しているアカウントの保険」のようなもの。
「携帯番号」については未入力でも、スマホでGmailなどGoogleアカウントを使用するサービスを利用した時点で、携帯番号はGoogleに取得されている。
これはGoogleに限ったことではなく、LINEなども同様に電話番号・メールアドレス・端末情報・位置情報などを取得している。

google3
プライバシーポリシー(個人情報の取り扱い)

表示されている画像に写っている数字を入力して、「Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」にチェック。
これで入力は完了なのだが、アカウントを作成する前に、作成するアカウントがどのように利用されるか、しっかりと把握しておいたほうが良い。

Googleはアカウント情報の他、端末情報、ログ情報、そしてプロフィールのデータなどを取得し、それぞれを関連付けて収集しており、これらの情報は各サービスの提供、改善、維持の他に、Google最大の収入源である「広告」に利用されている
そのため、Googleアカウントの作成時に「携帯電話番号」を入力していなくても、スマホでGoogleアカウントを使用すると、スマホから取得した携帯番号とアカウントが関連付けられてしまう。

余談になるが、収集した情報を紐付けすることで、ユーザーが意図しない形で情報が公開されることがあり、これが度々プライバシーの侵害として非難されている。ただ、もともと公開された情報は「本人が公開」していたもので、Googleはそれをまとめて更新したに過ぎない。

Googleの情報収集については様々な見解があるが、重要なのは情報が収集されていることを前提としてサービスを利用することであり、情報収集が前提であれば自ずから利用方法も変わってくる。
フリーソフトや無料コンテンツを使用する際の鉄則は「自己責任」なので、利用する以上はリスクを把握し、疑念が残るようなら利用しないほうが良いと思われる。

google5
アカウントの確認

スマホが普及し始めた頃から追加された項目で、アカウントを開設するために携帯のメールアドレスか電話番号の入力を求められる。
入力された情報は「第三者に開示したり、商用利用には使用しない」となっているが、おそらく入力情報は収集されていると思われる。

左図赤枠部分の「コード受け取り方法」でメールか音声通話か選択できるが、メールは「携帯電話のメール」のみ利用可能。

「音声通話」は固定電話もしくは携帯電話の電話番号を入力し、「次へ」をクリックすると、すぐに電話が鳴り、とてもクールな自動音声で確認コードを知らせてくれる。

gmail97

携帯メールもしくは音声通話で取得した確認コードを入力し「次へ」をクリック。

google33

確認コードが認識されると左図のウェルカムメッセージが表示されて、アカウントの作成が完了。

google4
余談

2014年9月16日現在では上記の設定でアカウントの作成が可能になっており、Google+のサービス開始前の仕様に戻っている。

Google+のサービス開始後はアカウント作成時にプロフィールとGoogle+が、強制的に同時登録されていた。
アカウント作成後に左図のようなページに切り替わり、登録をキャンセルする手段すらなく、「次のステップ」をクリックするとプロフィールとGoogle+が開設される仕組みになっていた。

この仕様はビギナーには非常に酷で、本人が意図しないままSNSのページを開設することになる。
一昔前なら「無知な本人が悪い」と切り捨てられていたものだが、今はそのような時代でもない。

google32

その後、おそらく2014年8月末〜9月初めに一旦、仕様が変更されている。

先ず、意味不明な「表示」というページタイトルが「一般公開のGoogle+のプロフィールを作成」と、非常に分かりやすいタイトルになり、作成するプロフィールが一般公開されることが明示され、プロフィール作成の選択肢も実装されている。

この仕様変更の後、これらプロフィールとGoogle+の開設する部分がアカウント作成の手順から全て削除された。
これでAndroid端末ではアカウント作成時にGoogle+の登録をスキップできるのに、パソコンでアカウントを作成するとGoogle+に強制参加という理不尽な矛盾も解決した。


square プロフィールとGoogle+

Google+はGoogleが提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でGoogle版Facebook。
もともとGmailの付加機能として提供され、個人情報の流出などでスッタモンダあったGoogle版TwitterのBuzzと、SNSを含めたコラボレーションツールのGoogle Waveを吸収する形で2011年にサービスが開始された。

Google+には「サークル」という情報共有の設定を行える機能が実装されており、Googleが提供するYouTube、Picasa(Googleフォト)、Gmail、Googleカレンダーなどと連携されている。

Google+の開設時に必須となるプロフィールは、Google+だけではなく同一アカウントで利用している他のサービスで共通になり、GmailやYouTubeなどからもプロフィールへアクセス可能になる。

プロフィールを作成(Google+を開設)しなくても、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Google マップ、Chromeなどの主要なサービスは利用できるが、PlayストアやYouTubeのコメント入力、YouTubeへの動画アップにはプロフィールが必須になる。
要は閉鎖的な環境で使用するならプロフィールは不要だが、ネット上に公開するなら名を名乗って公開する情報に責任を持て、ということらしい。

google6
最小限の公開プロフィール作成

勘違いしやすいが、公開プロフィールはGoogle+の一部なので、プロフィールを作成した時点でGoogle+も開設することになる。

前述のようにYouTubeへの動画アップやコメント入力にはプロフィールの作成が必須になるが、Google+は利用するつもりがない、といった場合には、公開情報を最小限に留めてプロフィールの作成(Google+の開設)を行うとよい。

Google+を開設するのは右上に表示されているアカウントの▼をクリック。

google7

左図のように吹出しが開くので、「Google+に参加」をクリックする。

google34

アイコンとして使用される画像を登録する場合は、左図赤枠部分の「写真を追加」をクリック。

google35

使用する写真をドラッグもしくは選択し、任意でトリミングして「プロフィールの写真に設定」をクリック。

画像解像度が低い写真をトリミングすると画像が非常に荒くなるので、できるだけ高解像度の画像を使用したほうが良い。

ここで登録した画像は作成したアカウントで利用できるウェブアルバムPicasaにアップされ、限定公開の状態になる。

google36

画像を設定したら「アップグレード」をクリック。

名前をニックネームや屋号などで登録すると、「Googleで最適な結果を得られないことがあります。」というメッセージが表示される。

Google+も本来はFacebookと同様に実名登録を推奨しているが、実名以外での登録も可能になっている。

実名以外での登録は、表示されたメッセージの「続行」をクリックし、元のページで再度「アップグレード」をクリックする。

google37

知り合いは後から追加できるので、このページでは何もせずに「続行」をクリックする。

続いて「お気に入りのフォロー」も何もせず「続行」をクリックすると、「ユーザーを選択していません」というメッセージが出るので、無視して「続行」。

google38

表示されたページで何も入力せずに「終了」をクリックすると、Google+で誰とも繋がっていない状態で、公開プロフィールの登録が完了。

ただし、Gmailやハングアウトなどお互いにGoogleのサービスを利用していると、相手側に画像が表示され、プロフィールへのアクセスが可能になる。
また、後述するGoogle+の設定で「プロフィール」のインデックス登録を解除しなければ、検索結果にプロフィールが表示されてしまう
無論、YouTubeやPlayストア、Google+へのコメントからは、誰でもプロフィールへアクセス可能になる。

google40
プロフィールの公開設定

作成したプロフィールはGoogle+のメニュー内にある「プロフィール」で編集・確認ができる。

Google+にはブラウザの右上にある左図赤枠部分をクリックするか、青枠部分をクリックしてメニューからGoogle+のアイコンをクリックする。

google39

Google+の「ホーム」からメニューをドロップダウンして「プロフィール」を選択。

google41

左図の「基本情報」カードの「編集」をクリック。

google42

初期設定で「あなたのサークル」になっているものを任意の設定に変更する。

プロフィールを非公開にする場合は「自分だけ」を選択。

設定は基本情報だけでなく、「仕事」「自己紹介」「連絡先情報」など全てのカードで可能だが、YouTubeに動画をアップしている場合は、「リンク」カードのYouTubeへのリンクは非表示にできない

google43

設定を変更後、メニューの横にある左図赤枠部分の「見え方」を「自分」から「一般公開」へ切り替えると、実際に公開されているプロフィールを確認ができる。

基本情報の各項目を全て「自分だけ」に変更し、YouTubeへ動画をアップしていなければ、左図のように「何も共有していません」と表示される。

google28
プロフィールの誕生日イベント

プロフィールを作成すると、設定した誕生日になると左図のようにGoogleのロゴが変わり、カーソルを合わせると「誕生日おめでとう!」と表示されるサプライズがある。
また、ロゴの他にGoogleカレンダーでもケーキのアイコンと「誕生日おめでとう」の文字が表示される。

google44
Google+のプロフィール 検索非表示設定

Facebookと同様、公開されたプロフィールはメールのアドレスなどから「友達」を薦めてくるようになり、Google+内で行う「友達探し」の検索結果にも表示される。

ただ、Google+にはプロフィールを検索結果に表示させない、有難いステルス機能がある。

設定を行うには、Google+メニューの「設定」を選択。

google31

プロフィールを検索のインデックスから外すには、左図の「他のユーザーに検索結果でプロフィールを見つけてもらえるようにする」のチェックを外しておく。

これで少なくとも検索結果によって、不特定多数へプロフィールが晒されることがない。

google30
共有おすすめ情報の解除

「共有おすすめ情報」は個人情報の問題で話題になった機能。

Facebookの「いいね」に相当するGoogle+の「+1」や、Google+で自身が投稿した飲食店やホテルの口コミ、フォロー、共有などが、プロフィールに登録した画像と名前入りで、該当情報の広告内に表示されるというもの。

+1、口コミ、フォローなどはアクティビティと呼ばれ、利用されるのは自身がGoogle+で投稿したものだが、それらはGoogle+の初期設定で「使用を許可する」ことになっている。

無論、この機能は解除できる。
「共有おすすめ情報」の「編集」をクリック。

google8

共有おすすめ情報の詳細が記載されているページに切り替わる。

ページの最下部に「自分のアクティビティに基づき・・・Googleに許可する」という項目に入っているチェックを外し、「保存」をクリック。

Google+を利用していなければ関係のない項目だが、プロフィールを公開し、且つ、プロフィールの露出を最小限にしたい場合は、設定しておくことを推奨。

google9
音信不通 引きこもり設定

プロフィールの検索結果非表示と「共有おすすめ情報」の設定で、露出は最小限に抑えられるが、プロフィールを公開している以上、「つながり」は向こうからやってくる。

検索結果に表示されなくても、相手のアドレス帳に自身のメールアドレスが登録されていれば、容易のプロフィールへアクセスでき、勝手にサークルへ追加することもできてしまう。
相手のサークルに追加されると、先方が発信するイベントなどのお知らせメールが届くようになる。

プロフィールを公開しているので普通に考えればコンタクトが前提で、これらを拒否するのは矛盾しているのだが、プロフィールを公開しつつ自分へのコンタクトを無視する設定も可能になっている。

google29

Google+のメニューから「設定」。

「お知らせを送信できるユーザー」「コメントできるユーザー」をそれぞれ「自分だけ」に変更。

google45

次に以下の各項目のチェックリストを全て外す。

「登録リスト管理」

「受け取るお知らせの種類」

「写真と動画」

「Googleドライブ」

「プロフィール」

これでプロフィールを公開した状態で、プロフィールへのコンタクトを遮断できる。ちなみにイベントなどの招待者には「未返信」という項目にプロフィールの名前が表示される。

誰のサークルに登録されているのか確認できるため、角が立たなければ個別にブロックすることも可能だが、海外ではSNSでブロックされた、友達から外された、などの理由で殺人が発生しているくらいなので、ブロックするなら逆恨みされないように要注意。

google46
Google+とプロフィールの削除

前述のとおり、プロフィールはGoogle+とYouTubeの他、コメントの投稿などに必要なだけで、Gmail他のサービスでは必要ないため、使わなければ削除しておいたほうが安心。

プロフィールを削除するとGoogle+のデータとYouTubeのマイチャンネルが消失するが、その他プロフィールが必要ないサービスのデータが削除されることはない

Google+を閉鎖するには、メニューの「設定」から、最下部にある左図赤枠の「Googleプロフィール全体を削除する場合はこちら。」をクリックする。

google10

「Google プロフィール全体を削除」という仰々しいタイトルのページに移動。

左図赤枠の「削除したらデータは戻りません」という箇所にチェックを入れると、「選択したサービスを削除」というボタンがクリック可能になるので、迷わずにクリックしてプロフィールの削除が完了。

プロフィールと同時にGoogle+のデータは削除され、削除されたデータは復活しないが、Googleアカウントを削除しない限りプロフィールは何度でも作成可能でGoogle+へも参加できる。

google11

プロフィールを削除するとGoogle+のデータも削除されるので、左図赤枠部分から画像やGoogle+の通知アイコンなどが消え、シンプルな表示に変わるため、プロフィールの存在を確認する目安になる。

google13
プロフィールを作成せず画像アイコンのみを表示させる

プロフィールやGoogle+は利用せず、画像アイコンのみ変更したい場合は、一旦、前述の手順でプロフィールを作成(Google+の開設)した後、プロフィールを削除する。

プロフィール作成時に画像登録を行うと、その画像はウェブアルバムサービスのPicasaにアップされ、限定公開の状態になる。
その後、プロフィールを削除しても、オンラインストレージにある限定公開の画像は削除されず、アカウントに関連付けされたままの状態で残っているため、アカウントの画像アイコンとして表示される。
ただし、登録した画像を変更する場合は、再度プロフィールを作成する必要がある。

google14

現在のところ登録した画像アイコンはGmailやハングアウトで相手側に表示されているが、このあたりの仕様は変更される可能性がある。

google16
登録した画像アイコンの削除

アカウントに関連付けられている画像を完全に削除するには、Picasa ウェブ アルバムにアクセスが必要。

ログインしたら見覚えのある画像が、左図のように「プロフィール写真」として限定公開されているので、「プロフィール写真」をクリック。
google17

「操作」から「アルバムを削除」を選択して完了。

プロフィールを公開せず、メールやアカウントに画像を表示させたい場合は、Google+で任意の画像を選択してプロフィールを作成した後、ウィザードに 従ってGoogle+に参加してから、プロフィールとGoogle+のデータを削除すればOK。

square アカウントサービスの確認

Gmailや Chrome、カレンダー、Googleドライブ、YouTubeなど、Googleアカウントで利用できるサービスは多いが、作成したアカウントがどの サービスに使用されているか、そのアカウントの使用履歴などは、アカウントの不正アクセス対策として定期的に確認したほうが良い。

google12
アクティビティの確認

プロフィールを削除している場合は、左図赤枠部分の▼をクリックして、吹出しの「アカウント」をクリック。

プロフィールがある場合は、右上にあるプロフィール画像のアイコンをクリック。

google47

左図のような「アカウント情報」のページに移動する。

google48

アクティビティの確認は「セキュリティ」の「最近のアクティビティ」にある左図赤枠部分の「イベントをすべて表示」をクリック。

google49

ログインした日時などが一覧で表示される。

不審なログがあれば、あれこれ詮索するよりもパスワードを変更したほうが手っ取り早い。

パスワードの変更は「アカウント情報」のセキュリティのページで行える。

google18

アカウントの使用状況

アカウントの使用状況は「アカウント情報」ページの「データツール」の中にある「ダッシュボード」で確認できる。

「アカウントデータ表示」のリンクをクリックすると、再度ログインを求められるのでパスワードを入力してログイン。

google19

Googleアカウントで利用しているサービスが一覧で表示される。

アカウントを使用してるAndroid端末からChromeのブックマーク、Gmail、マップ、カレンダーの他、Playストアの情報など、アカウントを使用してログインしたサービスが全て表示される。

一覧にないサービス、もしくは項目があっても「データがありません」もしくは「無効」と表示されているサービスについては未使用。

各項目の詳細を確認するには、右上にある「すべて展開する」をクリックする。

れらの項目はGoogleアカウントで一度ログインしてサービスを開始すると、データは削除できてもサービスそのものは基本的に削除することができない。ただ、プロフィールとGoogle+のデータに関しては、前述の手順で完全に削除できる。
また、Gmailに関しても、「データツール」の「アカウント管理」にある「サービスの削除」で完全に削除できるが、Googleアカウント=Gmailアドレスなので、Gmailを削除する場合は、アカウント情報を引き継ぐGmail以外のメールアドレスが必要になる。

google20
アカウント無効化ツールとエンディングメッセージ

死後、生前にアップしていたデータはどうなるのか。
事前に死ぬことが分かっていれば対処のしようもあるのだが、こればかりはどうしようもない。

そのような万が一に備え、Googleアカウントには生命保険のような無効化ツールが存在している。
要は設定した条件を満たした際に、該当アカウントを削除し、アカウントに関連しているデータを削除するというもの。

設定は「データツール」のタブに左図のような項目があるので、「アカウント無効化管理ツールを設定」をクリック。
説明ページが開くので「設定」をクリック。

google21

アカウント無効化ツールを有効にするためには、アカウントに携帯電話番号の追加が必須になる。
左図赤枠部分をクリックすると、携帯電話番号の入力画面が開くので、+81の後に携帯電話番号を入力し、「確認コードを送信」をクリックする。

確認コードはSMSで着信するので、固定電話の利用は不可。

google22

タイムアウト期間で期間を指定すると、アカウントにログインしなかった期間が設定値に至った際、「連絡先に通知してデータを共有」「アカウント削除」のアクションを起こすことができる。

「連絡先に通知してデータを共有」は自分に万が一のことが起こった際、タイムアウト期間経過時に、Google+の「+ 1」「サークル」「ストリーム」「ページ」、Gmail、Googleフォト、カレンダー、Googleドライブ、ハングアウト、ブックマーク、プロ フィール、連絡先のデータ全て、もしくは選択したサービスを、指定した相手と共有する。

指定した相手は共有データにアクセスする際、確認コードが必要になるので、共有サービス選択画面で、指定した相手の携帯電話番号を入力する。
次にエンディングメッセージを入力して保存。

これでタイムアウト期間が経過すると、エンディングメッセージが指定した相手に送信され、相手が確認コードを受信できれば、データにアクセスすることができる。
要は、遺書のデジタル版。

エンディングメッセージが送信され、データも渡し終えたら、スパイ大作戦のように「なおこのテープは自動的に消滅する」といった感じで、アカウントと関連するデータを削除するもできる。
その場合、「アカウントの削除(オプション)」項目で、「アカウントを削除する」を左図のように「はい」に変更する。
データ共有が有効な場合、アカウントの削除はタイムアウトから3ヶ月後になる。

全ての設定が完了したら最後に「有効にする」をクリック。

普段使いのアカウントではなく、エンディング用アカウントを作成し、事前に用意しておくの有り。タイムアウトの一ヶ月前になるとGoogleからアラートが送信されるので、ログインがてらにエンディングメッセージや共有データの見直しをすることもできる。


square YouTubeとGoogleアカウント

仕様変更時に不評を買ったのがYouTubeのアカウントとプロフィールの関連付け。
それまで匿名で誰でも入力できていた動画へのコメントは、「チャンネル」と「Google+」、「プロフィール」の作成が必要になり、視聴した動画や投稿したコメントはGoogle+で公開可能になった。

google23
チャンネル

YouTubeには「チャンネル」という機能が実装されており、動画を中心とした情報発信が可能。

「マイチャンネル」にはプロフィールの作成が必須で、マイチャンネルにアップした動画はGoogle+でも共有ができる。

google27

動画をアップする際にはチャンネルを作成する必要があるため、結果的にプロフィールの作成とGoogle+を利用することになる

YouTubeに動画をアップしたいが、Google+は必要ないという場合は、Google+の設定メニューで各項目を変更するしか手段がなく、Google+を削除した時点でYouTubeにアップされていた動画も非公開になってしまう。

動画をアップしなければプロフィールは関係ないが、動画をアップする場合はGoogle+とYouTubeで1セットだと考えたほうが良い。

google24

プロフィールに画像を登録しておくと、マイチャンネルでも同じ画像が表示される。別の言い方をすれば、マイチャンネルの画像を変更するには、プロフィールの画像を変更しなければならない。
また、マイチャンネルにはプロフィールで設定した名前が使用され、これも画像と同様、変更したい場合はプロフィールの名前を変える必要がある。

右上には「公開向けの表示を確認」が新設されたので、このリンクをクリックすることで公開されている自分のチャンネルがどのように表示されているか確認できる。

google25

チャンネルアートは、味気ないグレーの背景をオリジナルの画像に変更するもので、2560x1440ピクセルの画像が推奨されており、画像サイズが過ぎると使用できない。

google26
クリエイターツール

アップした動画の管理や編集など、使い難かった仕様が変更され、「クリエーターツール」としてリニューアルし、見やすくなった。

クリエーターツールはアカウントの吹き出しにリンクがある。横のギアアイコンはYouTubeのアカウント設定ページへのリンク。

YouTubeに動画をアップせず、試聴するだけならクリエーターツールは必要ない。




line