ポピュラーなミュージックプレーヤー iTunes〜iTunesの使い方

Freesoft Title


Freesoft Zone

itunes iTunes

Apple 公式ページ

iTunes ダウンロード

アップルが公開しているフリーのミュージックプレーヤー。iPodの普及に伴い、Windows環境でもほぼデフォルトに近い存在になった。
ミュージックプレイヤーにはJet Audioやfoobar2000、AIMP2など軽くて拡張性の高いものがあり、これらのアプリと比較してiTunesは重い上に動作もモッサリしている。
ただ、アルバム単位での管理ができ、さらに登録したジャケット表示も可能で、CDを収納している書棚のようなイメージで楽曲を管理できる点では優れている。


square インストール

使用環境はWindows XP Service Pack 2以降のOSで、64ビット版WindowsにはiTunes 64ビット版インストーラが必要。また、200MB以上のの空きディスク容量が必要。
※WindowsXP 64bitには正式対応していない。

itunes1
ダウンロード

Appleからのメルマガを受けとりたい場合は、メールアドレスを入力する。メルマガを希望しない場合は、各項目のチェックを外し、メールアドレスは未記入でOK。

32bit、64bitは使用しているブラウザの情報でサイト側が判断して自動的に選定される。

以前はブラウザにChromeを使用していると、Windows7 64bitの環境にもかかわらず、32bit版のインストーラーがダウンロードされていたが、現在は問題なく環境に合ったインストーラーがダウンロードされる。

itunes3
セットアップ

ダウンロードしたインストーラーを起動させると、セットアップウィザードが始まる。

「次へ」をクリックすると使用許諾書が表示されるので、「使用許諾書に同意します」にチェックを入れて「次へ」。

itunes4

インストール先の指定と、必要なオプションにチェックを入れる。オプションはインストール後に変更可能。

iTunesはバージョンアップが多く、ソフトウェアの自動更新にチェックを入れると、頻繁にソフトウェアの更新を促すメッセージが出るようになる。

設定が完了したら「インストール」をクリックすると、iTunesのインストールが開始する。

itunes5

iTunesは本体インストール時にアップルが開発しているマルチメディア技術であるQuickTimeの他、BonjourというUPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)に似たプログラムがインストールされる。

iTunesをインストールすると以下のプログラムが常駐する。
iPodService.exe
AppleMobileDeviceService.exe
mDNSResponder.exe
iTunesHelper.exe

以前はQuickTimeも常駐していたが、現在のバージョンをクリーンインストールした際には、QuickTimeは常駐しない。
スタートアップで常駐するこれらのプログラムは、iPodなどの周辺機器を接続したり、LAN上にある複数のPCでiTunesを共有する場合に使用される。


square 使用方法

iTunes はiTunes Storeから音楽を直接購入できるが、iTunes Storeは新譜の更新が遅い上に、ダウンロードするファイルのビットレートが分からない。通常、MP3なら192kbps以上のビットレートが望ましい が、Apple Storeには128kbpsのファイルが存在し、更にDRMがかかっているファイルも未だにあり、品質と価格を比較すると非常に割高。
洋楽を聴く場合は、海外サイトからダウンロードすると、国内では1曲しか購入できない価格で1枚のアルバムがダウンロードでき、しかもほとんどのファイルが192kbps以上で、最近は320kbpsのファイルも増加している。

http://www.gomusicnow.com/

http://www.legalsounds.com/

iTunesで再生できるファイルは音声がAAC・MP3・WAV・AIFF・Lossless、動画はMpeg4と・H.264に対応している。

itunes6
基本設定

iTunesはデフォルトでいろいろな機能がONになっているため、好みに応じて設定を変更する。

メニューバーから「編集」→「設定」を選択。

itunes7
一般

以下はデフォルトでチェックが入っている機能。

・ラジオ(インターネットラジオ)
ジャンル別になっており、数百の番組が聴ける。
・Genius
選択した曲をベースとして、自動的にプレイリストを作成したり、所有しているアーティストや傾向の似た楽曲を表示し、iTunes Storeで購入を勧めてくる。
・iTunesDJ
パーティシャッフル機能。ランダムに曲を選択してプレイリストを作成する機能。
・Podcast
音声・動画のブログ。お気に入りのポッドキャストを登録すれば、エピソードが更新されると自動的にダウンロードされる。
・Ping
音楽に特化したSNS
・テレビ番組
本来はiTunes Storeで提供されているテレビ番組を購入し、ダウンロードして試聴する機能。日本では現在未対応。

itunes8

GeniusとiTunes DJはお節介機能、Podcast・Pingは個人の嗜好、テレビ番組は機能不全。
ミュージックプレーヤーとしては、インターネットラジオとムービーがあれば充分なため、使用しない機能はチェックを外しておく。

CDから楽曲を取り込む際、デフォルトではファイル形式がAAC、ビットレートはVBR(可変ビットレート)で256kbpsになっている。
このデフォルト設定を変更する場合は、左図赤枠部分の「インポート設定」をクリックする。

CDからのインポートに関してはこちらも参照

itunes9

インポート設定ではエンコーダーを選択する。
AACファイルではなく、MP3やWAVのファイルでCDをインポートする場合は、ここで指定する。

AACはMP3よりも高音質を謳った規格であり、サンプリング周波数(サンプルレート)はMP3が48KHz、AACは最大96KHzをサポートする。

CDのサンプルレートは44.1KHzである。

AIFF・WAVは無圧縮。Apple Losslessは可逆圧縮。AAC・MP3は非可逆圧縮のファイル形式になる。
可逆圧縮は無圧縮に状態に復元可能な圧縮方式で、理論的にはデータを損失する非可逆圧縮のファイルよりも高音質になる。無論、無圧縮ファイルは原音に最も近いが、ファイルサイズが膨らんでしまう。

itunes10

エンコード形式を選択後、ビットレートの設定を行うには「設定」のドロップダウンリストから「カスタム」を選択して「OK」をクリックする。

高音質(128kbps)となっているが、128kbpsと196kbpsでは明らかに音質に差が出るため、CDをインポートする際はファイルサイズに特段の制限がなければ196kbps以上にした方が良い。
iTunes PlusはVBR(可変ビットレート)で256kbps。

itunes11

「カスタム」を選択すると、左図のようにビットレート・サンプルレートが選択可能になる。

ビットレートは最大320kbpsが指定可能。ただし、320kbpsではファイルサイズも増加する。

ビットレートはVBRの方が効率の良い圧縮が行われるため、ファイルサイズは小さくなる。
High Efficiencyは低ビットレートを使用する際の機能なので、CDをインポートする場合はチェックを入れる必要はない。

設定が完了したら「OK」をクリック。

itunes12

指定した設定は左図赤枠部分に内容が表示されるため、間違いがないか確認する。

itunes13

「新しいソフトウェア更新プログラムがあるか自動的に確認」はiTunes起動時に更新プログラムを確認する機能。

iTunesはバージョンアップの頻度が高いため、ここにチェックを入れておくと頻繁に更新プログラムのダウンロードを促すメッセージが出るので、煩わしい場合はチェックを外しておく。

itunes14
Store

左図赤枠部分の「持っていないアルバムアートワークを自動的にダウンロードする」にチェック入れておくと、iTunesで

itunes15 と表示されているアルバムや曲に、該当のアルバムアートワークが自動的に表示されるようになる。

ただし、ダウンロードしたアートワークは対象のファイルに埋め込まれるわけではなく、iTunesのライブラリにメタデータとして記録されるため、ファイルを別のPCにバックアップする場合など、現在PCから移動させるとダウンロードしたアートワークは全て無効になる。
また、ダウンロードするには対象ファイルに正しいアーティスト・アルバム名・曲名などの情報が登録されていることが前提であり、仮に正しい情報が登録されていても目的のアートワークが100%の確率でダウンロードされるわけではない。

この機能にチェックを入れなくても、アートワークのダウンロードは手動でも可能。

itunes16
詳細

[iTunes Media]フォルダは、iTunesにCDをインポートする際に、ファイルが保存される場所である。
デフォルトの場所はMy Music→iTunes→iTunes Media。

保存するファイル数にもよるが、iTunes Mediaフォルダの場所は、ディスクの空き容量に注意が必要。
また、「iTunes Media」フォルダを整理にチェックを入れると、iTunesへミュージックファイルを取り込んだ際に、Windows Media Playerと同様に、アーティスト名フォルダ→アルバム名フォルダの下にファイルが置かれる。

「ライブラリへ追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックを入れると、iTunesへ取り込む際、オリジナルファイルはそのままに、取り込んだファイルはiTunes Mediaフォルダにコピーされる。

iTunesでミュージックファイルを管理する場合は、「[iTunes Media]フォルダを整理」と「ライブラリへ追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックを入れておくのが、最も手軽である。
この2箇所にチェックを入れることで、iTunes Mediaフォルダには取り込んだミュージックファイルが整理された状態で保管される。

itunes19
ライブラリに追加

ダウンロードしたMP3などの音声ファイルをiTunesに取り込むには、メニューバーの「ファイル」から「ファイルをライブラリに追加」を選択するか、「Ctrl」+「O」でライブラリに追加するファイルがあるフォルダを指定する。

itunes20

ライブラリに取り込むファイルを全て選択して「開く」をクリックする。

itunes21

左図のような進行状況を示すプログレスバーが表示され、選択したファイルがライブラリに追加される。

itunes22

詳細設定で「ライブラリへ追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックをしていると、左図のようにライブラリに取り込んだファイルがiTunes MediaフォルダのMusicフォルダの中に、「アーティスト名」フォルダ→「アルバム名」フォルダにコピーされる。

itunes23

ライブラリへの取り込みはファイルだけでなく、「フォルダ」を取り込む事も可能。
「フォルダをライブラリに追加」を選択し、任意のフォルダを指定する。

左図の場合、Musicフォルダを指定すると、全てのアーティストフォルダと、その中にあるアルバムフォルダがライブラリに取り込まれる。
また、「Accept」フォルダを指定すると、Acceptフォルダ内の各アルバムが取り込まれる。

itunes17
バックアップ

消失しても取り返しがつく程度のファイル数なら良いが、ファイル数が多いとiTunesを元の状態にするのは一苦労。

iTunesには左図のようにライブラリのバックアップという機能が付いているが、これは「ディスクへバックアップ」のため、ファイル数が多いと複数のメディアが必要になる。

10,500曲で約23枚のDVDが必要と表示されたが、さすがにバックアップをとる気にならない。

400曲程ならDVDメディア1枚で収まる計算のため、1000曲程度ならDVDへのバックアップも有効である。
ただし、曲が増えていくことを考慮すれば、DVD-RではなくDVD-RWを使用する方が賢明。

itunes18

バックアップする容量が多い場合は、ハードディスクを使用する方が手軽で効率的。
バックアップなので可能であればパーテーションで分割されたドライブではなく、外付けハードディスクか、元データが保存されているドライブとは別の独立しているドライブの使用を推奨。

バックアップの対象フォルダは、上述の「設定」「詳細」の箇所で指定した「iTunes Media」フォルダ。
「iTunes Media」フォルダの場所を変更した場合は、左図のように変更したフォルダの直下に「Music」フォルダが自動生成され、その中にライブラリに追加したミュージックファイルが保存されている。
左図には「Movies」フォルダも存在しているが、これは動画ファイルをライブラリに追加した際に自動生成される。
この各データが保管されている「iTunes Media」に指定したフォルダを別のドライブへコピー(バックアップ)する。

コピーにはRich Copyを使用すれば効率の良いバックアップが可能になる。

容量に制限はあるものの、ハードディスクの代わりに、SkyDriveなどのオンラインストレージもバックアップには便利。

itunes24
アートワークの設定

先程取り込んだImperiaというアーティストのSecret Passionはライブラリに登録されたが、アートワークが未設定。

iTunes上でのみアートワークを表示させるだけで良いなら、右クリックメニューから「アルバムアートワークを入手する」を選択する。

itunes25

アルバム情報をApple社へ送信するという確認メッセージが表示され、「アルバムアートワークを入手する」をクリックすると、該当するアートワークが存在すればダウンロードされる。

メジャーなアルバムならアートワークを入手できる確率は高い。

itunes26

国内でリリースされていない海外アーティストの場合、左図のように残念なメッセージが表示されることが多い。

itunes27

アルバムアートワークは音声ファイルそのものにメタデータとして追加でき、この処理を行えばファイルを別のPCに移動してもアートワークが消失することはなく、iTuines以外のミュージックプレーヤーでもアートワークが表示される。

アートワークの追加方法は、任意のアルバムを選択後、右クリックメニューでプロパティをクリック。

メタデータ(ID3タグ)の編集に関してはMP3TAGの使用を推奨。

itunes28

Googleの画像検索などで該当するアルバムアートワークをダウンロードする。
解像度は500x500ピクセル以上あった方が、拡大表示した際にきれい。

ダウンロードしたアルバムアートワークを、左図赤枠部分の「アートワーク」という箇所にドラッグアンドドロップして「OK」をクリックする。

「処理中」というメッセージが表示され、アルバム内のファイルにアルバムアートワークが埋め込まれていく。

itunes29

稀に処理が完了してもアートワークが表示されないことがあるが、その場合は、該当のアルバムをダブルクリックして詳細を開くと、アートワークを認識するようになる。

それでも認識しない場合は、再度アートワークをドラッグアンドドロップしてファイルに埋め込む。

アートワークの設定はアルバム単位ではなく、曲単位でも設定が可能で、その場合は各曲のプロパティを開いて、アルバムと同様の操作でアートワークを埋め込む。
また、アートワークは複数の画像を登録できる。

itunes30

一度設定したアートワークを削除する場合は、アートワークを削除するアルバムのプロパティを開き、左図赤枠部分の「アートワーク」のチェックボックスにチェックを入れ、そのまま「OK」をクリックするとアートワークが削除される。

曲単位でアートワークを削除する際も、同様の操作を行う。

itunes32
曲の整理

iTunesは音声ファイルに登録されたメタデータを元に、アーティスト名とアルバム名をフォルダで分類するため、曲単位で同一のアーティスト名とアルバム名を登録することで、任意のアルバムを作ることも可能である。
また、メタデータが不足している場合は「不明なアーティスト」または「不明なアルバム」と表示される。

左図はYoutubeからFreemake Video Downloderを使用して、音声ファイルを抽出したものをiTunesのライブラリに追加したもの。元が動画のため音声ファイルにメタデータがなく、当然ながらiTunesはファイル名しか認識しない。

このようなファイルをライブラリに追加すると、iTunes Mediaフォルダ内に「Unknown Artist」というフォルダが生成され、「Unknown Album」フォルダ内に格納される。

itunes33

上図のファイルをプロパティで開くと、左図のように「名前」の箇所にファイル名が記載されているだけで、他の項目が全て空白になっている。

このようなファイルが増えてくるとファイルを探すことが困難になるため、正しいメタデータを与える。

「名前」→曲名
「アーティスト」→アーティスト名
「アルバム」→アルバム名

この情報を与えると、iTunesは「Unknown」フォルダから、登録されたアーティストフォルダにファイルを移動させる。

複数の楽曲を一つのアルバムとして登録し、曲順を指定する際は「トラック番号」に連番を入力する。
「/」で区切ってあるが、左のテキストボックスのみに連番を振るだけで曲の並び替えが行われる。

itunes43
プレイリスト

プレイリストとは文字通り「再生リスト」で、ベストアプバムやオムニバスアルバムなど、好みのアーティストや楽曲で独自のリストを作成できる。

初期状態ではプレイリストにいくつかの項目が予め設定されているが、独自のプレイリストを作成する場合は、左図のように「ファイル」→「新規プレイリスト」を選択するか、「Ctrl + N」を押す。

itunes44

新規のプレイリストを選択すると、左図赤枠部分のように「無題のプレイリスト」がプレイリストに追加されるので、任意のプレイリスト名を付ける。

itunes45

プレイリストにはドラッグ・アンド・ドロップで追加し、曲単位またはアルバム単位での追加が可能。

itunes34
CDからのインポート

プレイリストを利用してオリジナルのCDを作成したり、CDのバックアップも手軽にできる。
ただし、CDのコピーは著作権法に抵触するので十分に注意が必要。

著作権法についてはこちらを参照

iTunesを起動した状態でオーディオCDをドライブに挿入すると、左図のようなメッセージが出るので「はい」をクリック。

itunes35

CDに収録されている楽曲は自動的にiTunes Mediaフォルダに保存され、インポート時のファイル形式やビットレートは「設定」→「一般」の箇所で設定されたものになる。

オーディオCDをバックアップ(コピー)する場合も、一度この作業を実行してiTunesに取り込む必要がある。

itunes36
CD-Rへの書き込み

iTunes内のアルバムをCD-RやCD-RWに書き込む場合は「プレイリスト」を作成しなければならない。
また、書き込みには汎用性のあるCD-Rを使用した方が良く、書き換え可能なCD-RWに書き込んだものは、使用するプレーヤーの再生可能ディスクの確認が必要。
無論、CD-Rを使用しても全てのプレーヤーで再生が保証されるわけではない。

「プレイリスト」とは文字通り再生する楽曲のリストで、取り込んだアルバムをそのままCD-Rなどにバックアップする場合は、左図のように表示形式を「アルバム」にして、バックアップするアルバムをプレイリストへドラッグする。

itunes37

バックアップ(コピー)するプレイリストを選択すると、左図のようにプレイリスト内の曲が表示される。

初期設定では全ての曲が選択(左図赤枠部分)された状態になっているため、必要に応じてチェックを外す。

選択している曲数などは左図青枠部分で確認。

itunes39

空のCD-Rをドライブに挿入し、「ファイル」→「プレイリストからディスクを作成」を選択する。

※プレイリストが未選択、または空のCD-Rが挿入されていなければ「プレイリストからディスクを作成」は選択できない。

itunes38

「プレイリストからディスクを作成」を選択すると、左図のような設定画面が開く。

通常のCDプレーヤーで再生する場合、ディスクフォーマットは必ず「オーディオCD」を選択する。
「曲の間隔」は無録音部分の長さを指定。
「サウンドチェックを使う」はコピーする曲の音量を均一化する機能だが、1枚のアルバムを丸ごとバックアップする場合はチェックを入れる必要はない。

MP3CDは通常LPCM形式で記録されるオーディオCD(CD-DA)をMP3形式で記録するというもので、当然ながら再生にはプレーヤーがMP3CDに対応してなければならない。

必要と思われる設定をして「ディスクを作成」をクリックする。

itunes41

書き込み中は特にアニメーションが出るわけでもなく、左図赤枠部分に書き込み中の曲名が表示されるのみ。

書き込みが終了したらオーディオCDの完成。

CDのリッピングに関してはこちらを参照

itunes42

プレイリストに登録された楽曲がCD1枚に収まらない場合は左図のようなメッセージが出る。

単純にCDのサイズを超えた分だけを次のCDへ書き込むので、プレイリストを見なおしたほうが賢明。

itunes47
iPodからiTunesへのデータ移動

通常はiTunesからiPodへデータをコピーするのだが、母艦のPCがクラッシュするなど、場合によってはiPodからiTunesへデータ移動が必要なケースがある。が、この機能はiPodもiTunesにも備わっていない。
つまり、iTunesとiPodを接続しただけでは為す術がない。

iPodの中を開き、音声ファイルをiTunesの「ファイルを取り込む」で取り込むことは可能だが、左図のようにファイル名が暗号のようになり、iTunesに取り込んでも曲名やアーティスト名は認識されない。
1曲程度ならこの方法でも良いのだが、アルバム単位になってくると現実的ではない。無論、アーティスト名や曲名が分からなくても良いなら問題はない。

iPod内の音声ファイルは隠しフォルダになっており、次の場所に格納されている。

iPodドライブ:¥iPod_Control¥Music¥F00〜Fxx

itunes46

アーティスト名や曲名などのデータを保持したままiTunesへコピーする場合は、Pod野郎 というフリーソフトが便利。
使用方法や環境条件などは公式ページに詳しく記載があるので下記URLを参照。

Pod野郎の公式ページ

Pod野郎のダウンロードページ

ダウンロードにはZIP版とインストーラー版があるが、それほど使用頻度が高いソフトではないため、好みだがZIP版をダウンロードする。
「Download1」「Download2」どちらでもOK。

ダウンロードしたZIPファイル「iPodMan」を解凍。
解凍したフォルダはProgram  Filesフォルダなど任意のフォルダに移動し、移動したフォルダ内の「iPodMan.exe」を起動。

iPodを母艦のPCに接続した状態であれば、左図のようにiPodを認識してくれる。Pod野郎を起動後にiPodを接続した場合は「再認識」をクリックする。

itunes48

iPod内の音楽ファイルをコピーするため、左図赤枠部分の「ソング」を選択。

「収録曲の一覧」の左にはアーティスト名別にアルバムがツリー階層で表示され、右には曲名が一覧で表示される。

各曲の先頭にチェックボックスがあり、コピーしたい曲にチェックを入れる。
全曲を選択する場合は、任意の曲をクリックし、「Ctrl+A」または右クリックメニューから「全てを選択」を選択する。

itunes49

コピーする曲を選択したら左図赤枠部分の「取り出し」をクリック。

itunes50

「取り出し」をクリックするとファイルの保存先を指定するウインドウが開く。

左図青枠部分の「開く」をクリックして任意の保存先を指定する。iTunesのミュージックファイルフォルダは、iTunesの「編集」→「設定」→「詳細」の「iTunes Mediaフォルダの場所」で確認できる。

iTunesをアルバム単位で管理している場合は、左図赤枠部分の「アルバムごとにフォルダを作成」にチェックを入れる。

保存先を指定したら「OK」をクリック。

itunes51

Pod野郎で直接iTunesのメディアフォルダにデータをコピーしても、iTunesはコピーしたフォルダを認識しないため、左図のように「ファイル」→「フォルダーをライブラリに追加」を選択。

iTunes Mediaフォルダが「マイミュージック」→「iTunes」→「Music_Collection」フォルダで、そのフォルダ内に「Music」と 「Movie」フォルダが存在しており、「Music」フォルダ内に「アーティスト名」フォルダがある場合、「フォルダーをライブラリに追加」で指定するパスは、マイミュージックフォルダを移動いていなければ
C:¥Users¥<ユーザー名>¥マイミュージック¥iTunes¥iTunes Media¥Musicのようになる。

itunes52

これでiTunes Mediaフォルダ内のファイルを再認識するため、新たに追加されたデータがライブラリに取り込まれる。

Pod野郎で音楽ファイルをiTunes Mediaフォルダ以外の任意の場所にコピーさた場合、そのフォルダをドラッグ・アンド・ドロップするか、保存先を「フォルダーをライブラリに追加」で指定すればライブラリに取り込まれる。

ただし、「設定」→「詳細」で事前に「ライブラリへ追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックを入れていなければ、保存先のデータを移動するとライブラリの曲が認識しなくなるので要注意。

設定方法はこちらを参照



line