DVDを動画ファイルに変換する方法と基礎知識

Practice

Practice

FreeVideoConverter DVDを動画ファイルに変換する方法と基礎知識


動画に変換するDVDが映画などプロテクト解除が必要な場合、DVDを直接動画ファイルにすることは不可能なので、「技術的保護手段の回避」つまりリッピングをしなければならず、リッピング作業が著作権法に抵触するのでご法度。

著作権法についてはこちらを参照

square 画質とファイルサイズ

一般的な設定はソフトに予め設定されていることが多いので、動画の予備知識が全くない状態でも、手順通りにクリックしていけば動画は作成できるものの、ビットレートとフレームレート、ファイル形式は最低限知っておいたほうがいい。

動画の基礎知識はこちらを参照

ファイル形式

DVD-VideoのファイルフォーマットはMPEG2。
MPEG2の下位規格になるMPEG1はビデオの3倍モードと同等画質と言われており、MPEG1をベースに拡張されたMPEG2はS-VHSと同程度の画質になる。
ビデオの3倍モードといってもすでに知らない世代がいるわけだが、MPEG2はアナログからデジタルへの過渡期の産物で、そのMPEG2を使用しているDVD-Videoもアナログの名残がある。

現在主流になっているファイル形式は高画質・高圧縮のMPEG4。
デジタルビデオカメラやBlu-rayなどもMPEG4を使用しており、MPEG2がアナログからデジタルへの橋渡し的存在なら、MPEG4はデジタルの申し子的存在になる。

よく勘違いしているが、MPEG2をMPEG4へ変換しても画質が向上するわけではない。ビデオの3倍モードで録画した物を、標準モードでダビングするのと同じで、元データを超える品質は得られない。

画面サイズ

前述のようにDVD-Videoはアナログからデジタル時代への過渡期に生まれた規格のため、画面サイズはアナログ時代に使用されていたSD画質。
画素数は720 x 480で345,600ピクセルになる。
この画像をフルHD(1920x1080)のテレビに表示すると、単純に345,600ピクセルを2,073,600ピクセルまで水増ししなければならないので、メリハリのないベタ塗り感のある残念な画質になってしまう。
この水増し作業をアップスケーリングといい、各メーカーは独自のフィルタ処理を施して元データに近い画質になるようにしている。無論、機種によっては元画 像を拡大しただけのような代物も存在するので、DVDを見る機会が多ければ、店頭でDVDの映像を再生して確認したほうが賢明。

DVDを動画に変換する際も、動画の画素数を指定する必要がある。
ただし、DVDは720x480なので、これを1920x1080のフルHDで出力すると、テレビで表示するのと同様にソフトでアップスケーリング処理をすることになり、変換に時間をかけた割には残念な画質になるので非推奨。

ビットレート

DVD-Videoの最高品質は9800kbpsで、4.7GBの片面1層のメディアに1時間収録可能。片面1層のDVDに2時間の動画を収める場合はビットレートを4000kbpsまで下げる必要がある。
ビットレートが高ければ高画質になるが、その分だけファイルサイズも膨れ上がる。

前述のようにDVD-VideoはMPEG2を使用しているが、MPEG4はMPEG2の2倍〜3倍の圧縮率があり、画質は2倍向上していると言われているので、理論的には元データの半分のビットレートで同程度の画質を得ることができる。

片面2層のDVDで2時間程度のものなら、ビットレートは7000〜8000kbpsなので、これをMPEG4へ変換する場合は3500kbps〜4000kbpsが1つの目安になる。
無論、ファイル形式と同様、2000kbosの元データを5000kbpsで動画に変換しても高画質になるわけではない。
ビットレートが高ければ高品質だが収録時間は短くなり、低くすれば画質は落ちるが収録時間は長くなる。これは相対関係にあるので、「高品質で収録時間を長く」というのは同条件下では不可能。

フレームレート

DVD-Videoのフレームレートは29.9fpsなので、1秒間に約30枚の画像が表示されていることになる。
動画への変換時にフレームレートの設定もあるが、ビットレート同様、フレームレートをオリジナルより引き上げてもファイルサイズが無駄に増えるだけなの で、基本的にはオリジナルのままでOK。逆にフレームレートの数値を落としてしまうと滑らかさが損なわれるのでオリジナルを維持しておく。

ファイルサイズ

ファイルサイズは変換するファイル形式、ビットレートなどで異なるが、ファイルサイズと画質はある程度は比例しているので、ファイルサイズを極端に小さくすれば必然的に画質が犠牲になる。

時 々、高画質のままファイルサイズを極力小さくする方法を教えて欲しいという問い合わせをいただくが、極論を言えばファイル変換(エンコード)するだけでも 画質は劣化するので、オリジナルの画質を保持したままファイルサイズを圧縮するのは至難の業。また、画質についても良い悪いは主観で個人差があるため、自 分好みの画質は模索するしかない。

square 動画ファイルへの変換手順

冒頭に書いたとおり、DVDを動画変換する際はプロテクトがかかっていないことが大前提。そしてプロテクトを解除する行為は著作権法に抵触する。

DVDのリッピングについてはこちらを参照

動画ファイルに変換するとデータは圧縮されるが、圧縮というのは簡単にいえば「余分な部分を削ぎ落とす」処理で、可逆圧縮と非可逆圧縮がある。
可逆圧縮は圧縮したデータを全く損失せずに復元可能で、非可逆圧縮は削ぎ落としたデータを完全に復元することができない。
内容だけ見れば可逆圧縮が優れているように感じるが、可逆圧縮は圧縮率が低く、汎用性もあまりない。
一般的に圧縮作業は非可逆圧縮の場合が多いが、圧縮率が高くなると「余分な部分」に「あった方が良い部分」も削ぎ落とされるため、データが劣化するデメリットがある。

DVDを動画ファイルにする場合も非可逆圧縮を使用するので、元データとなるDVDは圧縮がかかっていないオリジナルデータの使用を推奨。

DVDtoMovie25
Freemake Video Converterで変換

動画の予備知識が全くなくても使え、操作も簡単なお手軽アプリのFreemake Video Coverter。

Freemake Video Coverterのインストールと使い方はこちらを参照

プロテクトのかかっていないDVDをDVDに入れるか、ISOイメージファイルをVirtual CloneDriveなどでマウントし、左図赤枠部分の「DVD」をクリック。

DVDtoMovie26

変換するDVDが入ったドライブを選択して「OK」をクリック。

DVDtoMovie28

映画などの場合は音声や字幕を選択。
左図赤枠部分のように音声・字幕ともにクリックするとプルダウンメニューが開くので任意の項目を選ぶ。

MKV(マトリョーシカ)は複数の音声に対応しているが、Freemake Video Converterでは1つの音声しか格納することができない。

DVDtoMovie27

左図赤枠部分のアイコンから変換する動画を選択する。

AVIとApple、MP4、MKVはH.264/AVCコーデックを使用。WMVはVC1コーデックを使用し、いずれも可変フレームレート(VFR)で行われる。

AppleはiPad・iPhoneなどのプリセットが用意されているだけで、出力されるファイルフォーマットはMP4。
AVIかMP4なら汎用性もあり、再生に困ることはほとんどない。

個人的にはMKV(マトリョーシカ)に頑張って欲しいところだが、汎用性の面ではMP4やAVIに遅れをとっているので、ビギナーにはお勧めしない。

FreeVideoConverter29

基本的に「ソースと同じ」で問題はない。
仮にHD1080pなどを選択しても画素数はDVDと同じになる。

ビットレートや画素数を変更したい場合は、ギアのアイコンをクリックして任意の数値を設定する。

設定の詳細はFreemake Video Coverterを参照。

※DVDのチャプターについては全て除去された動画になるため、チャプター設定が必要な場合は次のXMedia Recodeを使用して動画変換する。

DVDtoMovie1

プ リセットで「ソースと同じ」を選択し、デフォルト設定のままワンパスエンコーディングで変換すると、左図のような数値になった。
この設定では「スムーズな再生」とは言い難く、動画がカクカクした感じになる。これはFreemake Video ConverterがVFR(可変フレーム)を使用しているからで、左図の通りフレームレートが最小12.5fps、最大25fps、平均で22fpsに なっていることが原因。
DVDのフレームレートは29.9fpsなので、フレーム数が減少したためにスムーズな再生に支障を来す結果になっている。

こ の現象は1passエンコーディングから2passに変更しても変わらないが、設定をデフォルトからカスタムに変更し、フレームレートを 「29.97fps」、ビットレートを3000kbpsにすると違和感のないスムーズな再生を実現できる。ただし、ファイルサイズはその分だけ増大する。

47分のDVD(3.1GB)をデフォルト設定で変換した場合735MB、上記のカスタム設定だと1GBになる。
結局、ファイルサイズと画質は比例するため、ベストな設定は自分で見つける必要がある。


DVDtoMovie2
XMedia Recode で変換

Freemake Video Converterよりも詳細な設定が必要ならXMedia Recodeを使用する。このエンコーダーは多くのファイルフォーマットに対応しており、搭載しているコーデックも豊富だが、それだけの予備知識がないと少々使いづらい。

XMedia Recodeのインストールと使い方はこちらを参照

Freemake Video Converterと同様、このXMedia RecodeもプロテクトのかかっていないDVDであることが前提条件。

XMedia RecodeでDVDを読み込むには、左図赤枠部分の「DVD/Bli-ray」を選択すると、通常「ファイルを開く」と表示されているアイコンが、「DVDを開く」というアイコンに変化するので、そのアイコンをクリックし、エンコードを行うデータを指定する。

DVDtoMovie3

上図の「DVDを開く」をクリックすると、左図のように「DVDドライブ」と「ハードディスク」の選択画面が出るので、「DVDドライブ」を選択する。

ISOファイルの場合はVirtual CloneDriveなどでマウントするとDVDドライブとして認識する。

「ハードディスク」は「VIDEO_TS」フォルダを読み込む場合に使用し、指定するフォルダは、VIDEO_TSと AUDIO_TSが含まれているフォルダでも、VIDEO_TSフォルダでもOK。

DVDtoMovie8

データを取り込んだら、次に取り込んだデータを選択する。

左図赤枠部分のように取り込んだデータをクリックして、反転させると、XMedia Recodeがデータを認識して、下段に複数のタブが表示される。

DVDtoMovie9

DVDの仕様によっては読み込んだ際に左図のように複数の動画を認識することがある。
これは1つの動画にメニューやチャプターを設定したものと、複数のタイトルを1つのまとめたものの違いで、左図のように複数のタイトルを認識した場合、各タイトルごとにファイルが生成されるため、必要であれば後からAvidemux などで結合処理をして1つのファイルにする。

また、複数のタイトルを認識した場合は、各タイトルごとにリストへ追加しなければならない

DVDtoMovie20

左図のように「編集」メニューから「チャプタを表示」を選択すると、タイトルが表示されていた箇所にチャプターが表示され、タイトルと同様にこの画面で各チャプター毎にリストへ追加することで、チャプター単体の動画ファイルを出力することが可能になる。

DVDtoMovie6

データを認識したら次に変換する動画ファイル形式とコーデックを選択する。

左図のように「形式」タブの「プロファイル」を「カスタム」にすると、登録されているファイル形式が一覧表示される。
コンテナとしてはAVIやMP4がポピュラーで、MKVも格納できるコーデックも豊富。

以前のバージョンでは左図のように「形式」タブにコーデックが含まれていたが、バージョン3.1.x.xではコーデックの設定は「ビデオ」「音声トラック」の各タブに移動している。

DVDtoMovie10

レート調整モードは「2passビットレート」が理想だが、時間がかかるので「平均ビットレート」を使用。
「品質」「量子化」は使っていないので不明。

ビットレートはコーデックにH.264を使用している場合、5000kbps前後を目安に設定。
当然、ビットレートを下げると画質は落ちるが、ビットレートを上げすぎても元データを超える画質は得られないため、ファイルサイズと画質で納得のいくビットレートを見つけ出す。

フレームレートは「オリジナルを保持」に設定。この数値を落とすと画質の滑らかさが失われ、高くするとファイルサイズが大きくなるだけでメリットはあまりない。

その他の項目は基本的にデフォルトでOK。

DVDtoMovie11

映画などの場合は、左図のように複数の音声が入っており、残したいオーディオを選択する。

元データの情報は「ストリーム」の項目で確認でき、ファイルサイズよりも音質を重視するなら、元データのサンプルレートとビットレートを保持したほうが良い。

特にビットレートは一般に128kbpsと196kbpsでは、素人にも音質の違いが認識できるレベルだと言われており、ファイルサイズに制限がなければ196kbps以上が望ましい。

サンプルレートは44.1KHzがCD音質、48KHzがDVD音質。

左図赤枠部分から変換するオーディオを選択し、下段の「Modus(モード)」を「変換」にする。不必要なオーディオに関してはModusで「除去」を選択。
また、エンコードせずに元データの音声をそのまま使用する場合は「コピー」を選択する。

DVDtoMovie12

映画には欠かせないのが字幕。
XMedia Recodeは左図のように「字幕」タブがあり、DVDに収められている字幕情報が表示される。

字幕はデフォルトで全て「除去」になっているため、必要な字幕は左図のようにモードで「レンダ」を選択する。
ただ、レンダリングは字幕データを画像として置き換えるため、元データと比較すると滑らかさが欠け、文字の縁に若干のにじみが発生する。

「コピー」はエンコードの異常終了を誘発する可能性があり、エンコードが無事に完了しても、再生環境によって字幕の色が黒になったり、白縁になったり正しくコピーされないため、使用は避けたほうが良い。

※字幕に関してはFreemake Video Converterの方が綺麗に処理される。

DVDtoMovie13

使用する音声トラックや字幕などは、左図の「クロップ/プレビュー」タグで、赤枠部分の「音声トラック」と「字幕トラック」を指定することで確認できる。

DVDtoMovie16

DVDから読み取ったデータにはチャプターが設定されており、XMedia Recodeでも左図のように「チャプター」タブで確認できる。
また、チャプターを任意の位置に追加したり、一定間隔で自動的にチャプターを作成することも可能。

ただし、Windows Media Playerなどプレーヤーによってはチャプター機能が使えないものがあるので要注意。
Media Player ClassicSM Playerなどを使用するとチャプター機能を活用できる。

DVDtoMovie17

エンコードの準備が整ったら、エンコードするタイトルを選択して、左図赤枠部分の「リストに追加」をクリックする。

リスト追加されたタイトルは、左図青枠部分に表示され、エンコードの設定と出力サイズの目安も確認できる。

ファイルの出力先は左図緑枠の箇所で指定。

以上で全ての準備が完了。後は左図茶枠部分の「エンコード」をクリックすると、エンコード処理が開始する。




line