地デジ録画の基礎知識とWindows Media Centerのバックアップ方法

Practice


Practice Zone

WMC地デジ録画の基礎知識とWindows Media Centerのバックアップ

地上デジタル放送(地デジ)の録画データにかけられているプロテクトを解除する行為は、「技術的保護手段の回避」に該当 し、著作権法に抵触する違法行為になるので要注意。

著作権法についてはこちらを参照


square 地デジ録画の基礎知識

地上波のデジタル化により、放送されるコンテンツが無劣化で複製可能になったことから、地デジ放送にはコンテンツそのもの に保護がかかっている。無論、アナログ時代にはなかった代物で、ビデオテープに録画していた時代には普通にできていたことが、最新技術を取り入れた為にで きなくなった。

コピーワンスとダビング10

地デジの著作権保護対策として当初実施されたのがコピーワンス。
文字通り「1回コピー」で、地デジを録画した時点で1回のコピーとカウントされ、そのコピーした内容をDVDやBlu-rayなどに書き込むと、元のデー タが消失する仕組みになっていた。コピーワンスではコンテンツの複製物は常に1つしか作られず、当然ながら孫コピーはできない。

実際にDVDなどのメディアに書き込みをした経験があれば分かるが、書き込みは100%成功するとは限らない。しかしなが らコピーワンスは書き込みの成否に関係なく、1回のムーブとしてカウントするため元データが消失。
書き込みに失敗した上に元データも消えるケースが多発して非難轟々。

そのコピーワンスの規制を緩和して採用されたのがダビング10で、現在も地デジにはダビング10の規制が施されている。
ダビング10は9回までのコピーと1回のムーブが可能で、録画した時点ではカウントされず、録画した元ファイルをコピーした時点で初めてカウントされる。つまり、録画した番組をDVDに書き込もうとして9回失敗してもファイルは残っているが、10回目で元データが消失して移動(ムーブ)する仕組みになっている。
ただし、ダビング10もCPRMというコピー制御がかかっているため孫コピーはできない。番組をハードディスクに録画(親コピー)、そのコンテンツをDVDに書き込み(子コピー)するのが限度で、書き込みしたDVDから別のDVDへ書き込み、もしくはハードディスクへのコピー(孫コピー)は不可。

CPRMとDRM

CPRM(Content Protection for Recordable Media)はコピーワンスの制御信号を持つコピーガード で、DVDに採用されている日本独自の規格。
地デジ番組の録画データをDVDへコピーする場合には、DVD-RやDVD-RWなどのブランクメディアがCPRMに対応していなければならない。

DVD-Rには「データ用」と「録画用」の2種類あるが、本来この録画用には商品代金に「私的録画補償金」が含まれているだけで、データ用と実質的な違いはなく、「録画用」=「CPRM対応」というわけでもない。 ただ、地デジ化以降はCPRMに対応しているメディアでなければ録画できないので、最近の録画用と銘打ってあるDVD-RはほぼCPRMに対応している。

CPRMとは別に、地デジ放送にはデジタル著作権管理(Digital Rights Management)が採用されており、コンテンツそのものにも保護がかかっている。
利用されているシステムは「B-CAS方式」というDRMで、テレビやチューナー、レコーダーに付属している「B-CASカード」が暗号の解除キーになっており、地デジの視聴には「B-CASカード」が必須になる。

地デジ番組の録画データをDVD-Rへ書き出すには、CPRMに対応しているドライブとCPRMに対応しているメディアが必須で、再生する場合もCPRMに対応しているプレーヤーが必要になる。

CPRMはDVDにかけられるコピーガードで、Blu-rayの場合はAACS(Advanced Access Content System)が導入されており、「録画用」・「データ用」どちらでも録画が可能。
ただし、著作権のあるコンテンツを録画する場合は「私的録画補償金」が含まれている「録画用」を使用するのが王道。

MedeiaCenter2
Nero Info Tool でドライブを確認

Nero Info Toolダウンロードページ

使用しているドライブがCPRMに対応しているかを調べるには、Nero InfoTool を使用。このツールはインストールが不要のシステム情報表示ソフトで、Windows7 64Bitでも動作し、日本語にも対応している。

上記Nero Info Toolのダウンロードページから、左図の「Nero Info Tool」を探し、赤枠部分の「More Details and Download」をクリックすると詳細が表示され、ダウンロードボタンが出現する。

Downloadをクリックすると、zipフォルダがダウンロードされるため、フォルダを選択後、右クリックメニューの「すべて展開」で解凍。

MedeiaCenter3

「InfoTool」フォルダの中に「InfoTool」というアプリケーションを起動すると左図のような情報が表示される。

Nero Info Toolはドライブ情報の他にも、CPUやマザーボードなどCPU-Zの簡易版的な情報が得られる。

CPRMの対応状態は、左図赤枠部分の「CPRM」にチェックが入っていれば対応、チェックがなければ未対応。

左図青枠ではAACSへの対応が表示されrている。

地デジの画質と録画サイズ

日本の地デジ放送は2003年に開始されているため、使用されているコーデックはDVDと同じMPEG2。
各メーカーから販売されているHDDレコーダーも基本的にMPEG2形式で保存されるが、用意されている各モードによって再エンコードされる。MPEG2 やMPEG4は非可逆圧縮のため、再エンコードすることで画質はオリジナルに比べて理論的に劣化し、オリジナルの画質に復元することはできない。また、エンコード処理をせずにオリジナルのまま保存する場合、画質は維持されるが10分程度の録画に1GB以上の容量が必要になる。

高画質を謳う地デジの解像度は1440x1080、DVD-Videoは720x480。1秒間の最大データ転送レート(ビットレート)は、地デジが15Mbps、DVD-Videoは9.8Mbps。
同じMPEG2を使用していても、データ量そのものが異なるため、地デジの方がDVDよりも高画質になる反面、MPEG4などと比べるとMPEG2は圧縮率が低いので保存時のファイルサイズが非常に大きくなってしまう。
この欠点を補うため、市販のレコーダーには録画時にMPEG2からMPEG4へエンコードして保存したり、Blu-rayへダイレクトに書き込むなどの機能を盛り込んだ機種がラインナップされている。

square Windows Media Center

Windows Media CenterはVistaからWindows標準搭載されているマイクロソフトが開発した総合エンターテイメントアプリケーション。
主に動画・音声ファイルの再生、画像のスライドショー、DVD/BDの再生、テレビの視聴・録画ができる。
ただし、WMCはCPRMに非対応のため、DVDやBDへ書き出す場合はMedia Centerの使用は非推奨

保護コンテンツの編集

WMCに限ったことではないが、録画し たコンテンツに保護がかけられていると、保護を解除した時点で違法になるため編集は基本的に不可能
WMCのファイルをムービーメーカーでエンコードできるのは、プロテクトのかかっていないファイルのみで、プロテクトがかかっている場合はファイルをdvr-msに変換することもできない。

Media Centerで録画したファイルはwtvという独自のファイル形式になり、保存形式は選択できない。また、コンテンツ保護がかかっている録画ファイルは他のパソコンに移動(コピー)しても再生できない。

ダビング10では元データをDVDやブルーレイへコピーすることのみが許可されており、パソコン間でのコピーは禁止されている。ただ、同一パソコン内で他のドライブ(内蔵HDD)へのコピーに関しては、コピー先もコピー元も再生でき、ダビング10のカウントは減少しない。

録画したデータが再生できなくなるリスク

Media Centerは録画したファイルの情報と、再生する際に必要な暗号の復号化キーを保持しており、これらの情報が何らかの原因で書き換えられてしまうと、昨日まで再生できていた録画ファイルが突然視聴できないという事態に陥る。
更にWindowsご自慢のシステム復元機能を利用して視聴できていた日付に戻しても、Media Centerの暗号複合化キーは復元しない。

暗号複合化キーがバックアップされないことについて、マイクロソフトは「日本における放送コンテンツ保護規定に遵守するための仕様」だとしており、不具合の対処法としてOSの再インストールを推奨している。 当然OSを再インストールた時点で全ての録画ファイルは視聴できなくなる。

TVを視聴する

Media Centerがインストールされているだけテレビが視聴できるわけではなく、テレビと同様にアンテナケーブルをパソコンに接続する必要がある。

2010年頃にはMedia Center専用のキャプチャカードも存在していたが、現在ではWMC専用というTVキャプチャカードは販売されていない。
また、Media CenterがCPRMに対応していないこともあり、TVキャプチャーにはテレビの視聴・録画ができる各メーカー独自のアプリケーションが付属しているケースが多い。
ピクセラのようにMedia Centerから操作可能なものもあれば、Media Centerでは視聴できないものもあるので、WMCの使用を前提としてTVキャプチャーを購入する場合は、WMCへの対応確認が必要。

MedeiaCenter4
コピー防止コンテンツとDVDへの書込

コンテンツに保護がかかっている場合は、左図赤枠部分のように「コピー防止」と表示される。
このようなコンテンツは前述のようにファイルの編集、他のパソコンへのコピー(移動)はできない。

MedeiaCenter5

Media Centerのタスクには「CD DVDの書込」というメニューが存在するものの、Media CenterそのものがCPRMに対応していないため、CPRMに対応しているDVDとドライブを使用していても録画したデータの書込はできない

Media Centerで録画したファイルをDVDなどに書き込む場合は、CPRMに対応しているライティングソフトが別途必要になる。
以前販売されていたIOデータのキャプチャカードには、コーレルのDDRMoveというライティングソフトが付属しており、インストールするとMedia Centerの「Extrasライブラリ」から起動して録画データをDVDへ書き込むことができた。

MedeiaCenter21
バックアップ

前述のようにMedia Centerの録画ファイルはWindowsによるバックアップから外されているため、手動で行う必要がある。

Media Centerが保持している録画データは、Cドライブ直下の「ProgramData」という隠しフォルダに格納されている。
「ProgramData」が見えない場合は、「コントロールパネル」→「フォルダオプション」を選択し、「表示」タブの「隠しフォルダを表示する」という項目にチェックを入れる。

「ProgramData」フォルダ→ 「Microsoft」フォルダの中に、左図赤枠部分の「eHome」と「PlayReady」というフォルダがあるので、録画データが問題なく再生可能なことを確認後、この2つのフォルダを任意の場所にバックアップする
※OSを再インストールする際は、録画データもバックアップしておく。

録画ファイルの再生に問題が生じた場合は、バックアップした「eHome」「PlayReady」を元のファイルに上書きして解決を試みる。

MedeiaCenter17
OSのクリーンインストール後にバックアップデータから復元

OSを再インストール後、各ドライバもインストールしたら、録画データも復元する。

次にMedia Centerを起動し、「タスク」→「設定」→「メディアライブラリ」→「録画一覧」で、復元した録画データが保存されているフォルダを指定。

「Media Centerのテレビ」→「録画一覧」に復元した録画データが表示されていることを確認。

任意の録画データをクリックすると左図のように「PlayReady」の更新を促すメッセージが出る。

MedeiaCenter18

指示通り「PlayReady」をインストールする。
※PlayReadyのインストールはインターネット接続が必要

PlayReadyのインストール完了後、再起動を促してくるので、そのまま再起動する。

MedeiaCenter19

再起動後、クリーンな状態のeHomeとPlayReadyフォル ダのバックアップをとるため、「ProgramData」→「Microsoft」から「eHome」フォルダと「PlayReady」フォルダをデスクトップなどにコピーする。

次にOSの再インストール前にバックアップされた「eHome」と「PlayReady」フォルダを「ProgramData」→「Microsoft」にコピーして、クリーンな状態の各フォルダを全て上書きする。

上書きが終了したらMedia Centerを起動。
ここでMedia Centerが強制終了するので、デスクトップにコピーしたクリーンな状態の「eHome」フォルダのみを再び、「ProgramData」→「Microsoft」内の「eHone」フォルダに上書きする。

MedeiaCenter20

録画一覧から録画データが正常に再生されることを確認し、後は通常通りテレビの初期設定をして完了。

square CPRM Decrypter

DVDにコピーした録画ファイルにはCPRMでプロテクトがかかっているため、DVDからのコピー(孫コピー)はできないが、プロテクトを解除することでコピーも編集も可能になる。
ただし、CPRMの解除は著作権法の定める「技術的保護手段」に該当するため完全に違法。

改正著作権法が施行された2012年10月以降、CPRM Decrypterを公開していたサイトの閉鎖が相次ぎ、今では入手困難な状態になっている。
また、CPRM Decrypter と同様の機能を持つ relCPRMというプログラムも入手が難しくなっており、仮に入手できたとしても「トロイの木馬」などのウイルスに侵されている可能性が非常に高いため、インストールする前に必ずPanda Cloudなどのウイルス対策ソフトをインストールしておく。

デスクトップキャプチャソフト アマレココを使用し、録画内容を再生しながらハードコピーをとればプロテクト解除というリスクを犯さなくても済むのだが、残念なことにアマレココはWindows Vista以降には正式に対応しておらず、Windows Aeroが実行されている環境下でアマレココを起動すると、強制的にベーシックモードへ切り替わる。しかし、Windows Media Centerでプロテクトのかかっている地デジ録画番組を再生するには、Aeroモードでなければ動画を再生できないため、アマレココでのキャプチャは不可能。

MedeiaCenter8
CPRM Decrypterの使い方

CPRM Decrypterはインストールする必要がなく、zipファイルを解凍し、フォルダ内の「CPRMDecrypter.exe」をダブルクリックで起動させるだけ。

起動したら左図のような画面になり、赤枠部分でコピーしたDVDを挿入したドライブと変換後のファイル出力先を指定する。

DVD-Videoのプロテクト解除なので、c2decの利用にチェックを入れ、更に「音声制御情報【C値】を除去しない」にチェックを入れるのが推奨設定。
ちなみに「除去する」にチェックを入れていてもコピーしたDVDにはPCA音源が使用されていないため、プロテクト解除には全く差し支えない。
上記のダウンロード先からダウンロードしたzipファイルにはcprm2freeの実行に必要なファイルが欠けているため、cprm2freeは使用不可。

設定が完了したら、左図青枠部分をクリックする。

MedeiaCenter9

DOSプロンプトが起動してファイルの情報や進行状況が表示される。

作業が終了したら、「何かキーを押すと終了します」と表示されるため、指示通りキーを押すとDOSプロンプトが閉じ、作業が完了する。

作業時間はPCのスペックに依存するが、DVD最高画質で30分の動画なら5分程度で完了する。

MedeiaCenter10

作業終了後、指定した出力先にファイル名と同じフォルダが生成され、その中に左図のように2つのファイルがある。

VR MOVIE.VROのファイルを「任意のファイル名」.mpgに拡張子を変更すれば完了。
プロテクトが解除されたMPEG2ファイルになっているので編集も再生も可能。

※左図のように「.VRO」の部分が見えていない場合は、「コントロールパネル」→「フォルダオプション」で「表示」タブを開き、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す。



line