メンテナンス 〜パソコン内部の掃除

DIYPC


DIY PC

  Aircleaner メンテナンス 〜パソコン内部の掃除

リニューアルした最新ページに移動します。

「パソコンに詳しくないからパソコンのケースは開けない」というユーザーは意外と多い。確かにパソコンのケースは滅多に開けるものではないが、ケースを開けなければ掃除ができない。
PCには発熱するパーツが多く、それらの冷却は非常に重要な機能で、冷却が正常に行われないとパーツを痛める原因になる。
「初心者が触ると壊れる」という認識が、却ってパソコンの寿命を縮める結果になりかねない。

使用している環境や使用時間にもよるが、ほぼ毎日2〜3時間起動していれば、1年間でそこそこのホコリが溜まっている。
このホコリを取るだけで、PCはずいぶんと快適になる。


square パソコン内部の確認

一般的に市販のパソコンは背面にファンがついており、そのファンと電源ユニットから排気する仕様が最も多い。下図のback1赤枠がケースファンで、青枠が電源ユニット。
PCのケース内部はエアフローと呼ばれる空気の流れがあり、エアフローが悪いとケース内部の温度が上昇する原因になる。
右図のように排気用のケースファンがあり、電源ユニットの吸気ファンがケース内部に向いている場合、換気扇が2つ付いているようなもので、それらが回転するとケース内の温められた空気が排出されて内部の気圧が低下し、新鮮な外気が流入して、ケース内部の空気が冷却される。
ただ、この時に新鮮な空気と一緒に空気中に浮遊している細微なホコリも入ってくる。

PCがどこから外気を取り込んでいるかは、火のついたタバコをPCに近づけると様々な箇所から煙が吸い込まれていくのが分かる。禁煙者ならティッシュペーパーなど数cmに切った薄い紙をピンセットなどでつまみ、PC周辺にかざすと空気の流れが確認できる。

市販されているメーカー製パソコンのエアフローは、ケース内部の気圧が低下する「負圧」の状態になっているものがほとんどで、吸気口にフィルターがついておらず、ケースの吸気口や隙間からホコリが入りやすい状態にある。
ケース内部に入ったホコリは背面ファンから排気される途中で、CPUの冷却装置、拡張カードやマザーボードなどの基板、ハードディスクや光学ドライブの表面などに付着し、これが蓄積することで冷却効果の低下を招くことになる。


ホコリの蓄積しやすい箇所

ほとんどのPCケースはホコリが溜まる箇所が見えなくなっており、見た目はきれいなことが多い。
一般的に吸気口は前面と側面についており、前面の吸気口はフロントパネルで隠れている。また、エアフローは前面吸気・背面排気のため側面の吸気口にはホコリが蓄積しにくく、実際にどれほどホコリが蓄積しているか、外観からではわからなくなっている。

ホコリの蓄積量が目視で確認できれば掃除する気にもなるのだが、見た目に汚くなるところはしっかりと隠されているため、PC内部のホコリは見過ごされがちになる。

下図は一般的なメーカー製PCのミドルタワーケースで、ほぼ1年程度掃除をしていない状態。使用頻度は週に2〜3回 平均2時間程度と低い。
前述のとおり最も一般的なエアフローは前面吸気・背面排気で負圧のため、ホコリは吸気側に蓄積しやすく、フィルターもないのでPC内部にホコリが流入しやすい。

Maintenance8
ホコリが蓄積しやすい箇所 〜 フロントパネル

市販PCにフロントファンが付いていることは稀で、ほとんどの場合は左図のように吸気口が露出する。

図では分かり難いが、この吸気口にホコリが付着する。

Maintenance1

左図はケースにクーラーマスターCM690を使用した1日2時間程度稼働するマシンで、ほぼ1年近く掃除をしていない。
このケースは前面に120mmの吸気ファンとフィルターを搭載しているため、ファンの形にホコリが蓄積しているのが分かる。

吸気ファンを搭載しているため、通常の背面ファンのみを搭載したマシンに比べると吸気量は多いものの、フィルターが付いていないPCケースでは、これらのホコリがケース内部に侵入することになる。

Maintenance9
ホコリが蓄積しやすい箇所 〜 ドライブ

メーカー製PCケースを使用したマシンのハードディスクドライブ。
表面にホコリが蓄積しているのが分かる。

ハードディスクは30℃〜50℃程度の熱を持ち、冷却が正常に行われないと異音が発生したり、クラッシュの原因にもなる。

Maintenance10

ハードディスクほど重要ではないが、光学ドライブの上面にもホコリが積もりやすい。

Maintenance11
ホコリが蓄積しやすい箇所 〜 CPUクーラー

最も肝心なのがCPUクーラー。
ファンの羽にホコリが付着しており、他の部分と比較してもホコリが多い。
これはPC内部に侵入したホコリを、CPUの冷却ファンが吸い込み、ファンの下にあるヒートシンクに吹きつけるためで、当然ヒートシンクの表面にもホコリが蓄積する。

このCPUクーラーは発熱するCPUを冷却する役割を負っており、CPUの熱を吸収して発散させるヒートシンクにホコリが付着すると、冷却効果が著しく低下し、CPUの冷却が正常に行われず、高温になりすぎると自動制御機能により、PCが強制終了する場合もある。

Maintenance6

左図は前掲のCM690に搭載しているCPUクーラー。

巨大なヒートシンクを左右から120mmファンで挟んで冷却する構造で、吸気側のファンにのみ左図のようにフィルタを取り 付けてあるが、このマシンはPC 内部が正圧で、吸気ファン以外に外気の流入がなく、各吸気ファンにフィルタが付いているため、フィルタには大してホコリが付着していない。

Maintenance7

上図のファンを取り外し、ヒートシンクを露出させると、フィルタを潜り抜けた細かいホコリが付着しているのが分かる。

正圧で吸気口にフィルタを備え、更にCPUファンの吸気側にもフィルタを取り付けているにもかかわらず、ヒートシンクには左図のようにわずかとは言えホコリが蓄積する。

フィルタがついておらず、PC内部が負圧のマシンでは、ヒートシンクに大量のホコリが蓄積してしまう。

Maintenance12
ホコリが蓄積しやすい箇所 〜 背面ファン

メーカー製PCケースの背面ファン。
このファンは室内に取り付けられている換気扇と同じで、PC内部の温まった空気を外に排気する。

ファンの羽にホコリが付着していることから、ケース内部の空気にホコリが混じっていることが分かる。

Maintenance3

左図はCM690の背面ファン。

CPUクーラーのファンにほとんどホコリが付着していないのと同じ理由で、このリアファンにも細かなホコリが付いている程度。

上図と比較すると、PC内部の空気に大きな違いがあることが分かる。

square パソコン内部の掃除の手順

 掃除の手順と言っても大したことはなく、サイドパネルとフロントパネルを外し、エアーダスターでホコリを吹き飛ばすだけ。
ただし、PCの使用状態にもよるが、室内でエアーダスターを使用すると相当なホコリが宙に舞うため、予め覚悟しておいたほうが良い。
可能であれば、風通しの良い場所で作業した方が無難。

パーツを取り外さなければ自作の知識がなくても簡単にできる。無論、各パーツを取り外し、ケースファンを水洗いしたり、パーツごとにエアーダスターを使用した方が良いのだが、全く掃除をしないよりは、エアーダスターのみでも清掃した方がPCの状態は格段に良くなる。


使用する道具

実際の掃除に必要なのはプラスドライバーとエアーダスターのみ。より細かく掃除をしたい場合はブラシなどもあると便利。

自作経験者なら各パーツを取り外し、ケースファンを水洗いしたり、ヒートシンクを取り外して掃除可能だが、そこまで行くと難易度が跳ね上がるので、とりあえずエアークリーナーで各部のホコリを吹き飛ばす。

ドライバーなどの工具はこちらを参照

Maintenance13
パネルの取り外し

初めにサイドパネルを固定しているネジを外す。

ネジによってはドライバーが必要ないものもあり、メンテナンスフリーのケースでは、レバーを操作することでサイドパネルを取り外せるものもある。

サイドパネルを固定している箇所は、左図のように上下4箇所のものが多いが、ケースによって異なる。

Maintenance14

サイドパネルを開けたら次はフロントパネル。
フロントパネルの固定方法はケースによって千差万別。

左図のメーカー製PCのケースでは、赤枠部分のようにツメで3箇所固定されており、このツメを一つ一つ外していくことになる。

前掲のCM690はツメなどで固定されておらず、底部から引き剥がすようにして外す仕様になっている。
また、稀にボルトで固定されているものもあるので、力任せに外すとパーツを損傷してしまうので要注意。

Maintenance15

フロントパネルは左右で固定されていることが多いので、サイドパネルは必ず両方外して確認する。

Maintenance8
各部の掃除

フロント部分のホコリは吸気口に絡みついているため、エアーダスターを使用せず雑巾などで拭き取る。

Maintenance9

ハードディスクや光学ドライブに付着しているホコリはエアーダスターで吹き飛ばす。

ハードディスクは念入りに。

Maintenance11

CPUファンのホコリは羽にこびり付いており、エアーダスターを吹きかけても取れにくいため、表面のホコリを吹き飛ばした後は、歯ブラシなどで軽く擦ってやるときれいになる。

ファンをきれいにしたら、次はファンの下にあるヒートシンクに蓄積しているホコリを吹き飛ばす。
エアダスターに付いているノズルを使用し、ファンの隙間から吹きつける。

Maintenance12

背面ファンもCPUファンと同様、表面のホコリを飛ばした後、歯ブラシを使用して羽に付着しているホコリを除去する。

Maintenance16

グラフィックカードやその他の拡張カードを使用している場合は、基盤の表面に付着したホコリをエアーダスターで吹き飛ばす。

また、グラフィックカードには冷却ファンやヒートシンクが付いているので、その部分も念入りにホコリを吹き飛ばす。

athron4

電源ユニットは左図のように背面からエアーを吹きかけるよりも、ケース内部にある電源ユニットの吸気ファンの方からエアー吹きこむほうが良い。

Maintenance17

後は目についたところのホコリを除去し、ケースを正常な位置にしてから、再度、全体的にエアーダスターを吹きつけ、ケース内部のホコリを極力取り除く。

最後にフロントパネルとサイドパネルを元に戻して完了。


line