パソコンの自作〜Commodore64で組立

eizone

Home
Freesoft_zone
PC
Practice_zone
Metal
Contact



DIY PC Zone

Commodore64


Concept

2011年の春、ネットを見ていて【あの8ビット機「Commodore 64」が復活】というタイトルが目に止まり、その画像を見て物欲がMAXになった。
1982年に発売されたCommodore 64は米国で人気を博した家庭向けのPCである。
無論、そんなことは全く知らなかったが、そのレトロな感じが気に入った。Commodore社1994年に倒産しており、復刻させたのは Commodore USAなる会社。同社のHPを見ると確かにCommodore64の復刻が謳われ、現在絶賛予約中になっている。

それにしてもこのCommodoreUSA という会社のサイトは。。。アメリカンである。
予約した時には日本語などに対応していなかったが、現在では各国語に自動翻訳できるようになっている。

CPUに2コアのAtomを搭載し、メモリが2GB、ハードディスクの容量と光学ドライブがDVDとBlu- rayから選択できるようになっているが、下位モデルでも$595。当時の為替レートは1ドル80円〜82円のため本体だけで約5万円、そこに送料が 55.6ドルが加算されるので総額で5万5千円くらいになる。
復刻ケースを使用しているとはいえ、Atomでメモリ2GB、HDD160GBの構成で5万5千円はいただけない。
そこで復刻ケースとカードリーダーのみで販売されているベアボーンを250ドルで購入することにした。

個人輸入についてはこちら

使用するフォームファクタはmini-ITX。ケースの形状からエアーフローは最悪なので、TDP35Wの Pentium G630Tを使用することにした。久しぶりのIntel CPUである。Pentium G630TのソケットはLGA1155。4GBのメモリとハードディスクやDVDドライブは余り物を使用。
デザイン重視で実用性は求めていないが、完成すればそこそこ動くPCになるはずだった。

が、下調べもせず衝動買いした自分が悪いのだが、ここから悪夢が始まる。

 
制作開始
import6


予約してから3ヶ月後に届いたCommodore64。
商品が届いた時にはすでに賢者モード。

衝動買いは散財の元凶です。

commodore1

箱から取り出すまで気づかなかったのだが、このベアボーンには電源がない。
mini-ITX用のケースにはほとんど電源が搭載されているので、電源がついているものと思い込んでいたのである。
ATX電源ユニットが使用できないこのケースで電源が付いていないとは全くの誤算だった。

仕方がないので左図のPICOPSU-160-XT を再び米国から輸入。海外への発送をしていないようなのでHopShopGoを利用。
送料込みで8,000円(T_T)

※今は同じ物がAmazonでも購入可能。
picoPSU-160-XT

usa01

待つこと10日あまり。
制作意欲もほとんどなくなった頃に商品が到着。

そして今更ながら、購入したPICOPSU-160-XTには別途で電源アダプターが必要なことに気付いた。 しかも12VのACアダプターなのである。家に転がっているラップトップPC用のACアダプターは全て19Vで、試しに繋いでみたが無駄だった。
結局、12VのACアダプターが必要になるのだが、12VのACアダプターといっても何でも良いわけではないので、もっとも安全な12V 16Aで192Wの純正を入手するはめになった。
が、ACアダプターの購入以前に、そもそもこのケースにはACアダプターの差込口が存在しない。無論、PICOPSU-160-XTのDCジャックを固定 するところもない。
これがアメリカンクオリティか。。と思いつつ、調べてみるとPCのCommodore64には背面パネルにDCジャックがあるらしく、当然ながらベアボー ンにはない。

commodore2

完全に制作意欲がなくなり、ACアダプターを購入しないまま、このベアボーンは1年以上放置。

そして最近になって奮起して純正のACアダプターを購入し、制作というより工作に取り掛かかった。

まずは左図の赤印部分にDCジャック用にド ライバドリル で穴を開ける。

commodore3

ドリルで穴を開けたあとはテー パーリーマ で穴の大きさを整える。

commodore4

DCジャックの固定完了。

commodore5

穴を開けた位置はmini-ITXのマザーボードを固定した際に、24pinの主電力から近い箇所にした。

我ながらいい感じに仕上がった。

キーボードがついている上ブタに電源スイッチがあり、そこからパワースイッチとLEDのケーブルが伸びている ので、それらをマザーボードのフロントパネルコネクタに接続し、別途購入した12VのACアダプターを接続して通電テスト。

commodore8

ACアダプターを挿すとUSBのコネクタに接続されているカードリーダーのLEDが点灯。

usa02

更に電源スイッチをON。。。。?

CPUクーラーのファンが回転しない。

もう一度ON。。。。。。。
はやり無反応である。

コネクタの接続を再確認したが問題ない。

続いてパワースイッチ側の上ブタを見て驚いた。

commodore6

ケーブルが外れてる、と言うより、もげてるやん!

commodore7


よく見るとパワースイッチのケーブル接続部分はゴム製で、そのゴムが劣化して崩れてきている。

汎用スイッチ

ゴムが劣化しているので外れたケーブルを差し込んでも、スイッチを押すとすぐに外れてしまう。

で、仕方なく左図のスイッチを購入。大きさは若干大きめだがテー パーリーマ で大きくすれば問題ないはずである。

LEDは付いていないが、この際贅沢は言ってられない。

commodore9

汎用スイッチが届いて、スイッチの入れ替え。

commodore10

予想通り大きさが合わないのでテーパーリーマで穴を大きくする。

commodore11

スイッチにケーブルを接続するわけだが、ここはハンダ付けにしてみよう、と思い立って慣れないハンダ付けを実 行。

ハンダ付けの良し悪しは抜きにして、なんとか溶接完了。

commodore12

汎用スイッチを装着。
違和感がない。というより、寧ろ汎用スイッチのチープさがCommodore64のチープさと完全にマッチし、まるで初めからついていたようである。

commodore13

早速コードを接続して取り付けてスイッチ・オン。

おおぉ!動いた。

usa05

これでようやくセットアップできる状態になった。
と、思ったのも束の間。

キーボードを叩いてもBIOSが起動しない。
試しに別のキーボードを接続してBIOSを呼び出すと、ちゃんと起動する。
そうなると原因は間違いなくキーボードの接続ということになるので、ケーブルを調べると何かに挟まった形跡があった。おそらくケースの閉じる際に挟まった ので あろう。不注意というか、完全にこちらの落ち度である。

キーボードが動作しない原因はケーブルの断線が濃厚で、代替えのUSBケーブルを模索してみたが上手くいか ず、ここで力尽きてしまった。

今回使用したTDP35WのCPU Pentium G630Tとメモリは折しも制作を考えていたファイルサーバへと転用。
mini-ITXのマザーボードは未だCommodore64に張り付いたままになっているので、またいつの日か気が向いた時にでもUSBケーブルの接続 に挑戦してみようかと思っているが、今回の制作は残念ながら未完のままひとまず終了。

 
自作と改造の目次に戻る